幕末から廃藩置県までの西洋医学

個数:

幕末から廃藩置県までの西洋医学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月24日 21時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784806713067
  • NDC分類 490.21
  • Cコード C0021

内容説明

幕末から、明治維新後も各藩で進められていた洋学、西洋医学教育への準備を押しつぶした、廃藩置県による医学教育政策の中央集権化と、その動きに連なる多士済々の人物群像。日本の医学教育の礎を形づくった激動の時代に生きた人びとに新しい光を当てる。

目次

明治維新と矢継早な諸改革
日本医学の変貌
ペリー来航直前のわが国の西洋医学、洋学
ペリー来航と、幕府の洋学、西洋医学の導入
維新の西洋医学:官立医学校、東校の立ち上げからドイツ医学教育開始まで
維新当初から廃藩置県にいたるまでの各藩の洋学、西洋医学の振興
各藩の洋学、医学教育を押しつぶした廃藩置県

著者等紹介

吉良枝郎[キラシロウ]
1930年生まれ。医学博士。専門は呼吸器内科。東京大学医学部医学科卒業。東大医学部第三内科研究生を経て、フルブライト交換学生として米国へ留学。その後、順天堂大学医学部助教授、自治医科大学教授、順天堂大学医学部教授、日本胸部疾患学会会長、APSR(Asian Pacific Society of Respirology)会長、順天堂大学医学部長、学校法人順天堂理事などを歴任。順天堂大学名誉教授、自治医科大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。