マリファナの科学

個数:

マリファナの科学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 04時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 315p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784806712664
  • NDC分類 499.15
  • Cコード C0047

出版社内容情報

本書の論旨を端的に示すなら、次のような言葉に集約することができます。

「テトラヒドロカンナビノール(THC)はきわめて安全な薬剤である」

THCとはマリファナに含まれる活性成分です。上の言葉について確かめたいという方、また懐疑を抱く方は、ぜひ本書を読んでみてください。本書はまさにこの点を科学的に検証するために捧げられているのです。

では、なぜマリファナをめぐる現状は、かくも複雑で入り組んだ様相を呈しているのでしょうか?それは、マリファナはこれまで道徳問題と同一視され、その使用をめぐる議論が「善VS悪」の構図で描き出されることがあまりにも多かったからです。本書では、マリファナが、暴力衝動や悪というイメージと結びつけられてきた歴史を詳述しています。一般の人々がマリファナについて「理性的」で「科学的」な見方をとることが困難になっているのも、またアメリカの反マリファナ的な国策や、その基軸として機能しているマリファナ禁止法が、1930年前後の同国の禁酒法、19世紀中頃のドイツのコーヒー禁止令同様に不合理である事実がいまひとつ伝わってこないのも、道徳論と巧みに混淆された世間一般のマリファナ観のためであることが解き明かされます。

マリファナの薬効については、これまでにも口づてで数多くの事例が報告されています(邦訳では『マリファナ』グリンスプーンほか著・久保儀明訳・青土社1996、に詳しい)。だが、本書は、これら信頼性に欠け、各国の監督官庁から認可を取りつけるには不十分といえる口づての事例報告を後押しし、昨今のマリファナ論争にいわば駄目を押す形で、臨床試験によって示された事実をもとにマリファナの有効性を実証する労作となっています。大麻には致死量がなく、アルコールやニコチンよりはるかに安全な薬物といえることが、本書を読むとわかります。

近年ではとくに癌やエイズなどの病気の治療を目的とした「医療大麻」が注目されています。また、人間の体内に、大麻に含まれる活性成分専用の受容体が発見され、さらに「体内マリファナ」とも言える内因性のカンナビノイドの分泌も明らかになっています。こうした現状を踏まえた上で、著者はこう結論づけています。

「患者から安全で効果のある薬剤を取り上げる根拠が、はたしてあるのだろうか」

本書の科学的アプローチは何よりマリファナにまつわる無用なレッテルを剥がし、われわれが<マリファナの真実>に近づく大きな足かがりとなってくれることでしょう。

内容説明

マリファナの吸引、是か非か?マリファナ議論に最終ピリオド!あまりに感情的に語られてきたマリファナへの疑問を科学的に徹底分析。

目次

1 マリファナの基礎知識
2 マリファナの薬理学
3 マリファナの影響
4 マリファナの医療利用
5 マリファナは安全か
6 マリファナの娯楽利用
7 これからのマリファナ

著者等紹介

アイヴァーセン,レスリー・L.[アイヴァーセン,レスリーL.][Iversen,Leslie L.]
オックスフォード大学薬学部および、ロンドン・ハマースミス病院にあるインペリアル・カレッジ医科大学臨床薬理学部の客員教授。パノス製薬の創立者でもあり、これまでに数々の単行本、350点以上に上る論文を公表している。英国王立学会特別研究員。米国科学アカデミー外国準会員

伊藤肇[イトウハジメ]
1960年東京に生まれる。1987年早稲田大学大学院修了
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

2
ふむ2023/06/21

☆みや☆乱読派  

1
これも読書会のオススメ本だったので、図書館で。 マリファナの歴史からマリファナの薬理学まで。翻訳されていない、数々の学者や政府の報告書、欧米での医療大麻の最前線をレポート(アマゾン紹介文) ガン治療に効果的で、タバコ・酒より安全なんだから、311で大量被爆してしまった日本で、医療利用の合法化は時間の問題でしょう。 ... 気になるのは娯楽薬としての合法化。 戦後一夜にして、鬼畜米英からアメリカ万歳に大変身してしまた日本人。 なんか、なしくずしにこちらも合法化しそうな予感がします。 飲食店とか、エス2013/02/06

yoshi

0
中立的、客観的、網羅的で科学的な分析とアプローチ。麻に関わる文化、宗教的背景と、エネルギー的な有用性についてもう少しアプローチしてほしかった。2003年発刊だから仕方ないが、アメリカも1部の州で合法化したりと最近になってまた情勢も変化してきている感もある。とりあえず、日本も戦前のように大麻畑を復活させてコミュニティ活性化の切札としてバングクッキーやバングラッシーをチャイ屋で売ってみるのはどうだ?2014/03/05

いしやま

0
カードゲーム「grass」のプレイ後に買ったんだたしか。いろいろ面白いけど、どうやら情報が古いらしい。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/25887
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。