ゼミナール地域福祉学―図解でわかる理論と実践

個数:

ゼミナール地域福祉学―図解でわかる理論と実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月16日 00時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 197p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784805856918
  • NDC分類 369.7
  • Cコード C3036

内容説明

本書では、「成熟社会の地域福祉をどう構想するか」という命題を掲げ、3つの論点を提示した。図表や図解でわかりやすく説明。各項に3つのポイントを提示し、キーワード解説225項目を各部末に一覧として掲載した。

目次

第1部 地域福祉の思想と枠組み(人口減少社会の地域福祉;地域福祉の新たな枠組み;地域福祉の対象と課題 ほか)
第2部 地域福祉の政策と計画(地域福祉の行財政;地域福祉の政策と計画;地域福祉計画の戦略 ほか)
第3部 地域福祉の実践と運営(過疎地域で住み続けるために;地域包括ケアシステムとネットワーク;地域福祉推進組織と多元的サービス供給 ほか)

著者等紹介

野口定久[ノグチサダヒサ]
日本福祉大学大学院特別任用教授。1951年兵庫県生まれ。上智大学大学院文学研究科社会学専攻修了。博士(社会福祉学)。専門は地域福祉学、居住福祉学、国際福祉比較研究。日本学術会議連携会員、日本居住福祉学会副会長、日本地域福祉学会理事、名古屋市社会福祉審議会副委員長など多数の自治体の地域福祉計画や介護保険事業計画の策定に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



野口定久[ノグチサダヒサ]
著・文・その他