• ポイントキャンペーン

ソーシャルワーカーの「役割形成」プロセス―「違和感のある仕事」から組織活動への実践モデル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784805851562
  • NDC分類 369.1
  • Cコード C3036

目次

序章 ソーシャルワーカーの専門職性をめぐる問題
第1章 ソーシャルワーカーの専門職性と自己規定
第2章 病院組織とソーシャルワーカー
第3章 ソーシャルワーカーの「役割形成」プロセス
第4章 PSWが成し得たこと―組織改革とアイデンティティ再考
第5章 「役割形成」モデルの意義と課題

著者等紹介

岩本操[イワモトミサオ]
1988年立教大学社会学部社会学科卒業。1991年立教大学大学院社会学研究科博士前期課程(修士課程)修了。北里大学東病院ソーシャルワーカー(~2000年)。1998年立教大学社会福祉研究所客員所員。2000年国際医療福祉大学医療福祉学部講師(~2004年)。2004年武蔵野大学人間関係学部講師。2010年大正大学大学院人間学研究科博士後期課程単位取得満期退学。2012年博士(人間学)。現在、武蔵野大学人間科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。