いえとまちのなかで老い衰える―これからの高齢者居住そのシステムと器のかたち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 165p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805846612
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3036

内容説明

ユニットケアと小規模多機能の先を見据える。地域で、その人らしく年を重ねるために。システム・器・地域それらの関係性を提案します。

目次

第1章 まち・地域社会・地域(いえからまちへ;まちとは何か;まちのなかで老い衰える)
第2章 まちに暮らすお年寄りたち―在宅での暮らしに学ぶ(ケアを媒介に住まいを開く―訪問サービスと地域居住;住民としてまちに暮らす;世帯としてまちに暮らす;さまざまなコミュニティケアの場を訪ね歩く)
第3章 高齢者福祉施設の歩みを振り返る(老いと社会;フォーマルケアの変遷)
第4章 地域居住の萌芽―自宅に代わる居住の場を題材に(まちなかグループホームにおける地域居住のかたち;特別養護老人ホームにおける地域居住のかたち;ケア付き屋根における地域居住のかたち)
第5章 いえとまちのなかで老い衰える(求められる地域地図のかたち;ケアと住居の分離―システムの視点から ほか)

著者等紹介

井上由起子[イノウエユキコ]
1966年生まれ。日本女子大学卒業。建設会社勤務を経て、横浜国立大学工学研究科修了。博士(工学)。2001年より国立保健医療科学院施設科学部主任研究官。専門は高齢者の居住環境、建築計画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。