中央大学人文科学研究所研究叢書<br> 英文学と映画

個数:

中央大学人文科学研究所研究叢書
英文学と映画

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 10時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805753538
  • NDC分類 930.4
  • Cコード C3374

目次

「時にしたがわねばならぬ」―オーソン・ウェルズの『オセロー』をめぐって
ジェイン・オースティンのアダプテーション―成功の秘訣
作家の伝記―文学作品から映像作品への語りの継承
ジャンル性と作家性のあいだで―『戦場からのラブレター』のメロドラマ的想像力
『独裁者』を観る人びと―マス・オブザヴェイション資料から読む第二次大戦期の大衆とユーモアの関係
スマイリーはなぜ泳ぐのか―ル・カレの二つのフィクション世界を構造化する
ヘリテージ映画の再定義にむけて―マーガレット・サッチャーの影のもとで
三つの『贖罪』と運命のタイプライター―イアン・マキューアンの『贖罪』とジョー・ライトの翻案映画をめぐって