中央大学人文科学研究所研究叢書<br> 第二次世界大戦後のイギリス小説―ベケットからウィンターソンまで

個数:

中央大学人文科学研究所研究叢書
第二次世界大戦後のイギリス小説―ベケットからウィンターソンまで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 352,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805753415
  • NDC分類 930.27
  • Cコード C3397

目次

『モロイ』に潜むホロコーストの足音―サミュエル・ベケットの戦争の記憶
ウィリアム・ゴールディング『尖塔』におけるヴィジョンの変容
バーバラ・ピムと「古き良き」イギリス
アイリス・マードックの小説における同性愛者
ジョン・ファウルズの軌跡
初期ニューレフトの労働者階級文化を超えて―アラン・シリトー『土曜の夜と日曜の朝』
フィリップ・ラーキンの小説『ジル』と『冬の女』
ローランドが手にしたもの―A.S.バイアット『抱擁』の塔と地下室
『アウト・オブ・ジス・ワールド』―ビーチ家の人々
『ダン・リーノとライムハウスのゴーレム』における反復について
カズオ・イシグロの『遠い山なみの光』小論―曖昧さの考察
傷ついた物語の語り手によるメタ自伝―ジャネット・ウィンターソンの『オレンジだけが果物じゃない』と『普通になれるなら幸せにならなくていいじゃない?』