マーカス・ガーヴィーと「想像の帝国」―国際的人種秩序への挑戦

個数:

マーカス・ガーヴィーと「想像の帝国」―国際的人種秩序への挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 07時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805112335
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C3022

内容説明

脱国家的抵抗から超国家的運動へ。白人至上の国際的人種秩序に挑戦したBLM(Black Lives Matter)運動の先駆けとも言うべきトランスナショナルな運動の全容。

目次

第1章 ガーヴィー運動の所在
第2章 ガーヴィーの軌跡―ジャマイカからアメリカ合衆国へ
第3章 政治的独立と脱国家主体としての「黒人」
第4章 経済的自立とブラック・スター・ライン
第5章 『アフリカ帰還』運動とリベリア
第6章 南アフリカにおけるガーヴィー運動
第7章 国際的人種秩序と日本
おわりに

著者等紹介

荒木圭子[アラキケイコ]
東海大学教養学部国際学科教授。1995年一橋大学法学部卒業。2000年8月より2003年5月までカリフォルニア大学バークレー校大学院アフリカン・アメリカン・スタディーズ研究科に留学。2003年同大学院よりMaster of Arts授与。2006年慶應義塾大学大学院単位取得満期退学。博士(法学、慶應義塾大学)。東海大学非常勤講師、同専任講師、同准教授を経て2021年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
ガーヴィー運動の所在:アメリカ黒人史のなかのガーヴィー運動 ガーヴィーの軌跡―ジャマイカからアメリカ合衆国へ:人種とパン・アフリカニズムへの目覚め ハーレムからの出発 運動の拠点としてのアメリカ 政治的独立と脱国家主体としての黒人:第一次世界大戦と自決権 キリスト教と黒人解放の論理 国際連盟への嘆願 経済的自立とブラック・スター・ライン:営利企業と社会的企業のはざまで アフリカ交易船の夢と現実 『アフリカ帰還』運動とリベリア 南アフリカにおけるガーヴィー運動 国際的人種秩序と日本:アジア主義者とガーヴィー2021/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17922622

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。