消費者行動における感覚と評価メカニズム―購買意思決定を促す「何となく」の研究

個数:

消費者行動における感覚と評価メカニズム―購買意思決定を促す「何となく」の研究

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月05日 22時31分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805112007
  • NDC分類 675.2
  • Cコード C3063

目次

本書のねらい
第1部 消費者評価の向上メカニズムの検討―情報適合性の視点から(消費者行動研究における流暢性の議論;パッケージ上のレイアウトと消費者評価;デザインの対称性と消費者評価)
第2部 感覚マーケティングと消費者評価―複数感覚における情報適合性(感覚マーケティングにおける適合性;ブランドネームのサイズと響き;消費者の個人特性と感覚マーケティング情報の適合性;複数感覚の適合性と消費者の個人特性)
第3部 消費者や製品の特徴に基づく適合性―制御焦点理論による理解(制御焦点理論と適合性の接点;適合性の調整変数としての制御焦点;制御焦点とパッケージの情報量の適合;制御焦点に基づくマーケティング情報の適合性)
本書のまとめ

著者等紹介

石井裕明[イシイヒロアキ]
成蹊大学経済学部准教授。2005年早稲田大学商学部卒業、2011年早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。博士(商学)。千葉商科大学サービス創造学部専任講師、准教授を経て、2015年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。