政党政治の制度分析―マルチレベルの政治競争における政党組織

個数:

政党政治の制度分析―マルチレベルの政治競争における政党組織

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2017年10月23日 10時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805111192
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C3031

内容説明

政治不信→政党不信→代議制民主主義不信。負のスパイラルから脱するための思考実験。

目次

第1章 マルチレベルで考える政治制度と政党政治―衆議院・参議院・地方議会
第2章 選挙制度改革は日本政治をどう変えたのか―自民党の政策形成と議員行動
第3章 政権交代と国会議員の政策選択―自民党の政権復帰とその帰結
第4章 数量分析が示す政官関係の変化―政権と官僚の相剋
第5章 議員の政策選好と自律性―アリーナと選挙制度の異同を手がかりに
第6章 地方議員にとっての政党ラベル―選挙制度と再選戦略
第7章 組織としての自民党―マルチレベルの政治制度からの考察
終章 代議制民主主義と政党政治のゆくえ

著者紹介

建林正彦[タテバヤシマサヒコ]
京都大学大学院法学研究科教授。1965年京都府生まれ。1989年京都大学法学部卒業。1994年カリフォルニア大学サンディエゴ校修士。1996年京都大学大学院法学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(法学)。関西大学法学部専任講師、神戸大学国際協力研究科教授、同志社大学法学部教授を経て、2011年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)