「八月の砲声」を聞いた日本人―第一次世界大戦と植村尚清「ドイツ幽閉記」

個数:

「八月の砲声」を聞いた日本人―第一次世界大戦と植村尚清「ドイツ幽閉記」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月21日 04時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 375p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784805110126
  • NDC分類 209.71
  • Cコード C1020

内容説明

第一次世界大戦。それは、民間人が大量に抑留される初めての戦争だった。異邦の地で突如、拘束された日本人は何を思い、どのように振る舞ったか…。

目次

1 第一次世界大戦と在独日本人の運命(大戦までの日本とドイツ;大戦勃発と日本大使館の対応;抑留された日本人たち;残留した日本人たち;忘れられた「総力戦」経験)
2 植村尚清「ドイツ幽閉記」(抑留されるまで;抑留生活の開始;長引く抑留生活;釈放そしてドイツからの出国;スイス留学と日本帰国)

著者等紹介

奈良岡聰智[ナラオカソウチ]
1975年青森県生まれ。1999年京都大学法学部卒業。2004年同大学院博士課程修了。博士(法学)。京都大学大学院法学研究科助教授を経て、2007年より同准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第一次世界大戦-それは民間人が戦地で抑留される始めての戦争だった。異邦の地で突如拘束された日本人は何を思いどのように振る舞ったか

【著者紹介】
京都大学大学院法学研究科准教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件