わたしを生きる―現代語訳『正法眼蔵・現成公案』

個数:

わたしを生きる―現代語訳『正法眼蔵・現成公案』

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 19時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 200p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784803803617
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0195

内容説明

能登の里山に禅寺を建て、禅と農を中心とした生活を営みながら、道元の教えを身をもって実践してきた著者が、『正法眼蔵』のなかでも最も如実に道元の思想を示している「現成公案」を平易な現代語にうつした。若者のみならず、あらゆる世代に顕在化してきた「生きづらさ」を真正面からとらえ、何ものにも替えがたい自らの生を100パーセント生きるためのヒント。

著者等紹介

村田和樹[ムラタワジュ]
1950年、金沢市に生まれる。生家は曹洞宗の寺だが、15歳のとき、自らも仏門を志す。駒沢大学卒業後、73年に京都の安泰寺に入り、内山興正老師の元で修行する。80年に石川県輪島市三井町与呂見の山中にチェーンソーを片手に入山、龍昌寺を開く。85年ころより仲間たちと農地「よろみ村」を拓き、坐禅を中心とした山暮らしを営む。七尾市にて月に一度、仲間と催す読書会「哲学を読む会」は、20年続いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

0
「わたし」とは、もっともっと大きなものの流れの一部である、というようなことか。2020/01/21

churnful

0
・かくのごとくして、頭々に遍際をつくさずといふ事なく、処々に踏飜せずといふことなしといへども、鳥もしそらをいづればたちまちに死す、魚もし水をいづればたちまちに死す ・しかあるを、水をきはめ、そらをきはめてのち、水そらをゆかんと擬する鳥魚あらんは、水にもそれにもみちをうべからず、ところをうべからず。このところをうれば、この行李したがひて現成公案す。このみちをうれば、この行李したがひて現成公案なり2020/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14394107

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。