毎日ロゴ―無名デザイナーが365日、毎日ロゴをつくり続け有名デザイン賞を受賞したロゴデザイン上達法

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

毎日ロゴ―無名デザイナーが365日、毎日ロゴをつくり続け有名デザイン賞を受賞したロゴデザイン上達法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月11日 01時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784802511827
  • NDC分類 674.3
  • Cコード C3070

出版社内容情報

無名のデザイナーだった筆者がロゴデザイン上達のためにはじめた練習「毎日ロゴ」。
1日30分で新しいロゴをつくり、ブログにアップすることを毎日続けた結果、
発想力や造形力が飛躍的にアップし、国内外の有名デザイン賞を続々受賞。
著者が実践して結果を出したロゴデザインの上達法を解説したのが本書です。

ロゴデザインを考えるための17種類の発想法、実際に制作した1年366個のロゴ、
仕事で制作したロゴの事例を紹介。
ロゴデザインに必要な発想力と造形力を鍛えるための手法が惜しみなく公開されています。

そのほか、著者がデザインの道に進んだきっかけや「毎日ロゴ」を始めた経緯、
デザインの仕事で心がけていることなどのコラムも充実しています。

デザイナーだけでなく、自分でロゴをつくりたい方々にもオススメの一冊。
正しい練習方法を続ければうまくなる、ロゴデザイン上達本の決定版です。

内容説明

1日30分の練習でロゴづくりはうまくなる!

目次

1 ロゴ制作の練習「毎日ロゴ」(「毎日ロゴ」をはじめた理由;「毎日ロゴ」のルール;日付別「毎日ロゴ」366個)
2 ロゴの発想方法「17の手法」(アルファベット⇔日本語変換法;文字⇔数字変換法;仮名⇔漢字変換法;文字の意味を立たせる;文字⇔絵変換法 ほか)
3 ロゴ制作の実践「仕事で制作したロゴ」(ロゴづくりで大切にしていること;仕事のロゴ)

著者等紹介

石川竜太[イシカワリュウタ]
株式会社フレーム代表取締役。1976年新潟県三条市生まれ。商品・ブランド開発、広告制作、C.I・V.I計画、SPなど、デザイン全般にあたる。新潟ADC「グランプリ」、新潟広告賞「優秀賞」、Graphic Design in Japan「JAGDA賞」「亀倉雄策賞ノミネート」、日本パッケージデザイン大賞「銅賞」、東京ADC「ノミネーション」、東京TDC「ノミネーション」、日本タイポグラフィ年鑑「グランプリ」「ベストワーク」、Topawards Asia、pentawards「platinum」、New York ADC「MERIT」、German design award「Winner」、A design award「platinum」、Hiiibrand「Gold」、Muse design award「Gold」など受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

34
YouTubeのチャンネル名、ロゴを刷新したいので。12/3は奇術の日らしい(097頁)。発想の17の手法は参考になる。唯一無二デザインをつくりたい。2021/12/03

masabox

2
ロゴって面白いですよね。その図案だけにメッセージと背景を託す。人々のイメージ想起は、結局ある程度共通のバックグランドと潜在的認識が必要になる。とはいえ、それを凡庸なものに留めず、少しキャッチーな感じにする。そのセンスは365日のルーティン化した修練で身につけていく。と言った成功譚ともとれますが、ともかくやっぱり繰り返しと継続で、世間的認知につながるってのは世相です。2021/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16564933

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。