竹書房怪談文庫<br> 「超」怖い話癸

個数:
電子版価格
¥781
  • 電書あり

竹書房怪談文庫
「超」怖い話癸

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 18時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801936300
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

怪は非情にして慈悲深く、時に我々の横を掠め、時に真中を貫いていく。
人から怖ろしいこと奇異なことをひたすらに聞き、書き綴った実話怪談。
あなたが覗き見る「異界」は確かに誰かの「現実」である。
――「甲」より10年。極みの最終巻!


●房総の“名所”で撮った4人組の写真。全員記憶にない飛行機のポーズをとっていて…「断崖」
●上棟式で餅を撒く当主の背後に現れた黒い影。ソレが撒く謎の紙縒りは…「建前」
●亡き祖母の家。片付けたはずの折り紙細工がどこからともなく現れ、増えていく…「懐かしい家」
●山奥にあると噂の不法投棄のゴミ山を見に行った女子大生二人。そこで見たのは…「ゴミの霊」
●田舎の廃屋のリノベを始めたところ原因不明の体調不良に。そこに奇妙な隣人が現れて…「重要事項説明」
●ヘッドホンを外してはいけないルールの仕事部屋。曰くつきのデータ入力作業とは…「闇バイト」
●落研で怪談噺をやり始めてからおかしくなった兄。家の中に漂う異臭はどこから…「怪談噺」
●山で怪我をしたタヌキを助けた夫婦に訪れた奇跡…「たぬきのはなし」
ほか生粋の恐怖から恐怖だけではない何かまで、怪に関わった人間そのものを綴る全23話収録!

怪異の体験者の声を聞く。それが起こった現場を検証する。
当事者の心に寄り添い、しかしあくまで冷静に怪異を見つめ、あったることを記す。
2014年の「甲」より10年毎年1冊、とれたての怪異をお届けしてきた十干シリーズも本書で完結となる。
シリーズとはいえ1冊ごとに独立した実話怪談集であるから、どこから読んでも構わない。
本書を偶然手にとった方はぜひ遡って読んでいただけたら幸いである。

内容説明

怪異の体験者の声を聞く。それが起こった現場を検証する。当事者の心に寄り添い、しかしあくまで冷静に怪異を見つめ、あったることを記す。房総の“名所”で撮った4人組の写真。全員記憶にない飛行機のポーズをとっていて…「断崖」、上棟式で餅を撒く当主の背後に現れた黒い影。ソレが撒く謎の紙縒りは…「建前」、落研で怪談噺をやり始めてからおかしくなった兄。家の中に漂う異臭はどこから…「怪談噺まえ半分/うら半分」、曰くつきのデータを入力する…「闇バイト」、山で怪我をしたタヌキを助けた夫婦に訪れた奇跡…「たぬきのはなし」ほか、生粋の恐怖から恐怖だけではない何かまで、怪に関わった人間そのものを綴る全23話収録!

目次

繁茂
ご挨拶
断崖
帰路
プライバシーの侵害
夕焼けに立つ
建前
懐かしい家
シェアハウス
闇バイト
ノート
後輩の相談
無い内定
体育館
玉転がし
峠ミッドナイト
ゴミの霊
川原
重要事項説明/飲用水の供給状況
重要事項説明/近隣住民に関する容認事項〔ほか〕

著者等紹介

松村進吉[マツムラシンキチ]
1975年、徳島県生まれ。2006年「超‐1 2006」に優勝し、デビュー。2009年から老舗実話怪談シリーズ「超」怖い話の五代目編著者として本シリーズの夏版を牽引する

深澤夜[フカサワヨル]
1979年、栃木県生まれ。2006年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ラルル

13
「怪談噺 まえ半分/うら半分」と「たぬきのはなし」が凄く良い。久しぶりにグッと来る怪談を読みました2024/02/07

eyemu

8
結構な二番煎じになるけど、たぬきの話は良かった。 最後に感動怪異持ってくるのは、あかん。2024/04/05

ナオ

6
シリーズの最終巻。最後を飾るにふさわしい一冊でした。「断崖」の崖が近づいてくる感じが恐ろしかったです。ラスト近くの話も、妹の話も厭な感じだったけど、兄の話の最後にゾッとして。で、最終話を涙腺緩む良い話で。後書きで松村さんが潮時かもの記述があったけど、自分のペースでまた書いて欲しいなと思いました。充実の一冊。2023/09/29

qoop

5
年に一冊刊行の干支シリーズも最終巻。始まった時には完結まで続ける気構えが心強い!とか思ったけれど、もう終わり?の感。何よりこの間に竹書房怪談文庫の出版点数も増え続けてるから、早く感じてる。〈断崖〉〈帰路〉〈建前〉〈闇バイト〉〈重要事項説明〉〈たぬきのはなし〉など、印象に残る話多数。これまで以上に充実した一冊だと思う。2023/08/03

せきぐちひろみ

5
深澤夜さんは単著出さないのかな?2023/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21184732
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。