竹書房怪談文庫<br> 「超」怖い話 寅

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

竹書房怪談文庫
「超」怖い話 寅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 18時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801929807
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

神秘と恐怖に喰らいつく!
しばれる冬の実話怪談、「超」怖い話〈干支シリーズ〉2022年は寅。

「祖父ちゃんが、ホワイトタイガーに見えた…」
全身、虎のような横縞の傷をつけた祖父の霊。
大陸から持ち帰った虎の牙と髭。
祈祷師の予言「寅年の女児を授かれば財を得る」との関係は…?
「虎よ虎よ」より

恐怖と好奇心の葛藤。本能がそそられる怪奇実話、全34話収録!


・中部地方の旧家にある曰く付きの六畳間。家の者がそこで寝ると病を得、よその者が寝るとある夢を見る。果たしてその夢とは…「四方八方」
・東北出身の全盲の祖母が孫に語った秘密。闇の中に見える不吉な黒い朝顔の種が意味するのは…「同じ闇を見ている」
・釣り先で友人がどこからか拾ってきたキャリーカート。捨てろと言っても聞かず、しだいに言動に異変が…「キャリーカート」
・山で篠笛の練習をしていると呼応するように聞こえてくる美しい音色。祖父はヌエの声だというが、その正体は…「笛の音」
ほか、仄暗い密林にそっと身を潜め獲物を狙う虎の如く、突然あなたに襲い来る怪34話!

内容説明

中部地方の旧家にある曰く付きの六畳間。家の者がそこで寝ると病を得、よその者が寝るとある夢を見る。果たしてその夢とは…「四方八方」、東北出身の全盲の祖母が孫に語った秘密。闇の中に見える不吉な黒い朝顔の種が意味するのは…「同じ闇を見ている」、釣り先で友人がどこからか拾ってきたキャリーカート。捨てろと言っても聞かず、しだいに言動に異変が…「キャリーカート」、山で篠笛の練習をしていると呼応するように聞こえてくる美しい音色。祖父はヌエの声だというが、その正体は…「笛の音」ほか、仄暗い密林にそっと身を潜め獲物を狙う虎の如く、突然あなたに襲い来る怪34話!

著者等紹介

加藤一[カトウハジメ]
1967年静岡県生まれ。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中

久田樹生[ヒサダタツキ]
1972年九州生まれ。2007年より冬の「超」怖い話に参加

渡部正和[ワタナベマサカズ]
山形県出身。2010年より冬の「超」怖い話に参加

深澤夜[フカサワヨル]
1979年栃木県生まれ。2014年より冬の「超」怖い話に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

qoop

11
昨年が刊行30周年で、今巻がシリーズ累計50巻目とのこと。本レーベルの刊行点数も多くなり、類書と区別できるかといえば正直難しいというべきだろうが、それでもこのシリーズは別格扱いをしてしまうな、と。干支に因んだ…そんな因み方は嫌だが〈虎よ虎よ〉、類話のある中核に空白を据えた怪談の中でも引き込まれる〈エシン〉、ミステリタッチの構成が巧い〈けあらし〉、意味不明さがリアルでおぞましい〈おみくじ〉が印象的。2022/02/15

ふなこ

8
帯にやられた。「おじいちゃんがホワイトタイガーに見える…」そこからどう怖くするの?!と、まんまと引っかかって読んでしまった。複数の短編が収録されているが、例の短編もちゃんと怖かった。2022/03/21

Meistersinger

3
印象に残ったのは「エシン」。それが何か解らないというのが面白い。2022/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18860273
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。