竹書房怪談文庫<br> 湘南怪談

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

竹書房怪談文庫
湘南怪談

  • 提携先に71冊在庫がございます。(2021年12月03日 14時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801928534
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

暴走族が恐れる霊障・江の島病
茅ヶ崎海岸に漂着する呪いの瓶
異界と繋がる鉄砲通り
湘南モノレールに憑くモノ
オチョバンバの石碑の祟り
平塚新港の霊道マンション

サーファー、暴走族、恋人達の聖地「湘南」のご当地実話怪談集。
海の聖地の闇スポットと実際に起きた怪事件を茅ヶ崎出身の著者が徹底取材!
本当は怖い湘南怪岸!

(目次より抜粋)
第1章 稲村ヶ崎から江の島
「稲村ケ崎公園」」…公園でプロポーズをすると地面から黒い手が…
「江の島病」…湘南を走る暴走族の間で実しやかに語られる謎の霊障

第2章 鵠沼海岸から辻堂海岸
「先輩達の部屋」…鵠沼海岸のサーファー専用アパートに棲みつく女の霊
「駐車場」…辻堂海水浴場近くのスーパーの駐車場に出る溺死者の霊

第3章 茅ヶ崎海岸
「漂着物」…海岸に漂着した呪いの瓶。中にはある女性タレントの名前が
「潮の井戸」…茅ヶ崎海岸の屋敷の古井戸の周りに出現する河童の足跡

第4章 茅ヶ崎市内陸部
「茅ヶ崎駅」…線路にいた子供が忽然と消えた事件と人身事故を招く白い手
「オチョバンバの石碑」…触れる者は祟りに遭うと書かれた供養塔の恐怖

第5章 平塚
「堤防通り」 ランニングをしていると、腕のない子供の霊が背後から…
「平塚のアパート」殺人事件があったというアパートで撮られた恐怖の心霊写真

ほか、戦慄の全45話!

内容説明

サーファー、暴走族、恋人達の聖地・湘南。その闇スポットと実際に起きた怪事件を地元出身の著者が徹底取材したご当地実話怪談集。突然平衡感覚が狂う謎の怪現象、暴走族が恐れる「江の島病」とは?生首を抱いた大男の霊が泣く…義経と弁慶ゆかりの寺、腰越万福寺。海から水死体の霊があがってくる鵠沼海岸のマンションと辻堂団地。茅ヶ崎海岸に漂着した呪いの瓶。中にはある女性タレントの名前が。線路から消えた幻の子供と、白い手が人身事故を誘う茅ヶ崎駅の怪。殺人事件があったという平塚のアパートで撮られた恐怖の心霊写真。触ると祟られる円蔵のオチョバンバの石碑…ほか、戦慄の全45話!

目次

第1章 稲村ヶ崎から江の島(稲村ヶ崎公園;初盆 ほか)
第2章 鵠沼海岸から辻堂海岸(サーフボード;先輩達の部屋 ほか)
第3章 茅ヶ崎海岸(けつ持ち;キスしてあげよっか ほか)
第4章 茅ヶ崎市内陸部(三角形の空き地;茅ヶ崎駅 ほか)
第5章 平塚(堤防通り;色々な女がやってくる ほか)

著者等紹介

神沼三平太[カミヌマサンペイタ]
神奈川県茅ヶ崎市出身。大学や専門学校で非常勤講師として教鞭を取る一方で、怪異体験を幅広く蒐集する。「恐怖箱百式」シリーズのメイン執筆者としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

60
実話怪談集。湘南を舞台としたご当地怪談。湘南というとまず第一に出てくるのがサザンとかサーファーという単語、ある意味陽キャの聖地で怪談とは水と油の土地のような気がする。その中で怪談を見つけ出すのは大変だと思うのだが、ほとんどの話が土地柄を反映してかわりと即物的。直接的に幽霊が出たとか、缶ビールが潰れていったとか、直接的でパワー系の話が多い。怪談にはかそけさとか余韻を大事にしたいので、ちょっと合わなかったかな。とあれ神奈川でも鎌倉でもなく、湘南という限られた地域を舞台にこれだけの話を作ったのは素直に凄い。2021/11/21

てつJapan

12
昭和の時代に書かれたのか、と思うような怪談集。神沼さん著に期待していただけに残念な感想を持った本。2021/11/03

qoop

9
半世紀以上にわたって若者人気の高い土地柄のせいか、伝わる怪談もクラシカルに感じられた。怪異そのものというより怪異に対する反応がヤンキッシュな若者のそれ、という共通項が目立って見えたからか。湘南の海や音楽、文化の魅力に惹かれて集まる若者の気質は世代を越えて近しいのだろう。怪談もコールに対してどうレスポンスするかで展開が変わる訳で… 中では〈浜降祭〉が印象的。2021/11/03

柊よつか

8
神沼さんの地元、湘南地域に的を絞ったご当地怪談本。海怪談のおぞましさや、著者の厭怪談を想像して読むと肩透かしを食らうかもしれない。だが地域性にこだわったことが後書きから伺える通り、温暖な空気や、海に近い街の在り方が浮かび上がる一冊だと感じた。湘南に抱いていた陽気なイメージより、もっと牧歌的で、地域に溶け込む影のような怪異の数々。特に印象的な話は、「初盆」「缶」「浜降祭」「女にだけ視えるもの」など。2021/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18355360

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。