ラズベリーブックス<br> ブリジャートン家〈3〉もう一度だけ円舞曲(ワルツ)を

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

ラズベリーブックス
ブリジャートン家〈3〉もう一度だけ円舞曲(ワルツ)を

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 13時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 510p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801926127
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

全米ベストセラー小説、待望のドラマ化!<ブリジャートン家>シリーズ原作第3作!
ソフィーがペンウッド伯爵の娘であることは、公然の秘密だ。母の死後、“後見人”となった“実の父”と静かに暮らしていたが、意地悪な継母とそのふたりの娘が家にやってきた上、父の突然の死によって、メイド同然のつらい日々が始まる。そんなある日、有名なブリジャートン子爵家の仮面舞踏会が催され、留守番だったソフィーも、ひょんなことから祖母のドレスを着て出かけることに……。ソフィーは一夜限りの夢と知りつつ、子爵家の次男ベネディクトとワルツを踊り、午前零時の鐘とともに姿を消した。残されたイニシャル入りの手袋だけを手がかりに、ベネディクトはソフィーを探すことを決意するが……。運命に翻弄されるふたりの、ロマンティック・ヒストリカル。

内容説明

ペンウッド伯爵の庶子ソフィーは、意地悪な継母とそのふたりの娘が家にやってきた上、父の突然の死によって、メイド同然のつらい日々を送っていた。そんなある日、ブリジャートン子爵家で仮面舞踏会が催され、留守番だったソフィーも、ひょんなことから祖母のドレスを着て出かけることに…。ソフィーは一夜限りの夢と知りつつ、子爵家の次男ベネディクトとワルツを踊り、午前零時の鐘の音とともに姿を消した。ベネディクトは残されたイニシャル入りの手袋だけを手がかりに、ソフィーを探すことを決意するが…。全米で1000万部の売り上げを誇る“現代のジェイン・オースティン”ジュリア・クインが贈る大人気小説。ドラマ“ブリジャートン家”シリーズ原作!

著者等紹介

クイン,ジュリア[クイン,ジュリア] [Quinn,Julia]
ハーバード大学ラドクリフ・カレッジ卒業後すぐにロマンス小説を書き始め、1995年にSplendid(邦題:『すみれの瞳に公爵のキスを』)で作家デビュー。2000年に発表した“ブリジャートン”シリーズの第1作、2作、4作がRITA賞の候補作に選ばれ、人気ヒストリカル・ロマンス作家としての地位を確立。2007年、シリーズ第8作がついに受賞。その他2作品がRITA賞を受賞している。米国ロマンス作家協会殿堂入り。太平洋岸北西部に家族と在住

村山美雪[ムラヤマミユキ]
東京都出身。出版社、外資系商社勤務を経て出版翻訳の道に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

37
私生児であるものの、伯爵である父の元で育った美しい女性が主人公です。何の後ろ盾もない美女が周囲に利用される姿には本当に腹が立ちますが、現在でも状況に大した変化はない気がします。だからこそ女子は主人公に自分を投影し、怒り、同情し、解決されてほっとするのよね。こういうテンプレートは小公女と一緒だけれど、こういう本を読みながら女性は利用される危険を学んできた気がします。女子、がんばろう!2022/11/14

sin

6
kindle版。シリーズ3作目、ブリジャートン家次男ベネディクトのお話。内容はまさにシンデレラストーリー。ドラマを見ているので、登場人物たちがドラマと重なってしまう。兄弟姉妹のオムニバス連続小説、ゆっくり最後の一人まで読もうかな。2022/01/11

鳩羽

4
伯爵の非嫡出子であるソフィーは、父伯爵が亡くなってから継母に女中のようにこき使われていた。一度限りの思い出として仮面舞踏会に参加し、そこでブリジャートン家の次男ベネディクトと一目で恋に落ちる。互いに惹かれあいながらも、舞踏会に行ったことがバレて、家を追い出されたソフィーは自活の道を探るが…。運命的な再会が待っていた。…シンデレラそのままのようなストーリー、そして上流階級になりきれないことは最後までネックとなり、婚前交渉を持つのも貴族じゃないからかなと思う。それにしてもヴァイオレット母さんがかっこいい。2022/08/13

arianrhod

4
兄弟姉妹分の物語がある予感。1800年頃の英国には警察機構が存在してなくて、判事やその関係者の賄賂でどうにでもなる時代だったので、貴族はなんとでもできたので、あながち間違いでもないオチだと思いました。シンデレラストーリーになぞられたロマンティックな物語でした。物語冒頭で1815年のワーテルローの戦いのくだりがあるなど、歴史観も盛り込まれています。考えれば、1815年から始まり、二人が出会い、最後のヴァイオレットママのお誕生会の1827年までに、ナポレオンはすでにセントヘレナ島で亡くなってしまっていますね。2021/11/01

ヒサ子。

4
今回は、次男のベネディクトが主人公。まだ三作目だけど、八人兄弟でベネディクトが一番好きになった! 一夜限りの仮面舞踏会で運命の出会いをした謎の淑女ソフィーを二年も想い続ける彼の一途さにキュンとしました。”彼女”と気がつかずに再会した彼が、しばらくの間は紳士でいられたのにだんだん余裕がなくなっていくのが、またキュンとする。継母にこき使われてきたソフィーと彼の価値観の違いが今回の障害になっているのかな。 あらすじからもうシンデレラを想起させられていますけど、これは期待以上のハッピーエンドが最高でした。2021/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17330713
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。