MOON DROPS<br> ヤンデレ系乙女ゲームの悪役令嬢に転生したので、推しを監禁しています。

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

MOON DROPS
ヤンデレ系乙女ゲームの悪役令嬢に転生したので、推しを監禁しています。

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月22日 16時28分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784801922822
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

忘れたんですか 俺がどれだけあなたを欲しがっているか
命を救うため、檻に入れたはずなのに!?
従僕のために奮闘するもなぜか翻弄される悪役令嬢 × 監禁上等!
心中も辞さない破滅願望が強すぎる従僕

〈あらすじ〉
「これで俺は、ヘルディナ様のものってことですね」。
婚約者を奪ったクリステルをいじめている最中に、ここがヤンデレばかりの乙女ゲームの世界で自分は悪役令嬢だということに気づいたヘルディナ。
このままでは、クリステルを殺そうとした自分と実行犯である従僕のザシュの破滅は決定的。
前世からの“推しキャラ”ザシュを救うため、ヘルディナは彼の首に奴隷紋を刻み、檻に監禁して無理やり従わせたことにするが…。

内容説明

「これで俺は、ヘルディナ様のものってことですね」。婚約者を奪ったクリステルをいじめている最中に、ここがヤンデレばかりの乙女ゲームの世界で自分は悪役令嬢だということに気づいたヘルディナ。このままでは、クリステルを殺そうとした自分と実行犯である従僕のザシュの破滅は決定的。前世からの“推しキャラ”ザシュを救うため、ヘルディナは彼の首に奴隷紋を刻み、檻に監禁して無理やり従わせたことにするが…。

著者等紹介

御影りさ[ミカゲリサ]
『少年魔王と夜の魔王 嫁き遅れ皇女は二人の夫を全力で愛す』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

絵美

13
ヤンデレ系乙女ゲームの悪役令嬢に転生したヒロイン×ヒロインに付き従う従僕。 婚約者に手を出したと怒り狂い、ゲームヒロインのドレスを引き裂いている途中で前世を思い出したヒロイン。自分はともかく推しキャラの従僕ヒーローの命を守らねば!と、奴隷紋を刻み檻に繋いだところ、何故か彼はとても嬉しそうで……。 読んでいて先が気になるストーリーで、なかなか面白かった。ヒーローに関してたまに曖昧になるヒロインの記憶に、ちょっとヒーローを疑ってしまったよ。頑張ってたのにごめんね(笑)。 婚約者である王太子が横暴暴力野郎で2020/06/25

ナナイロ

1
なんか思ってたのと違った!思ってたより甘くないし、思ってたより異世界モノであった。それにしても、最初から最後までユリウスは胸糞悪い男であった。2020/10/04

とまと

1
良い感じのヤンデレだった。もっとこういうのが読みたいが、キャラクターが好きなだけなので濡れ場を減らしてもっと違うエピソードとかが欲しい。

ハル

0
⭐⭐⭐2020/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15539762
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。