竹書房怪談文庫<br> 南の鬼談 九州四県怪奇巡霊

個数:
電子版価格
¥715
  • 電書あり

竹書房怪談文庫
南の鬼談 九州四県怪奇巡霊

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月15日 17時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784801922181
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大分、熊本、鹿児島、宮崎…南九州で起きた戦慄の恐怖・怪奇事件。神・霊スポットから妖怪目撃談までを網羅した南の実話怪談紀行!

内容説明

大分、熊本、宮崎、鹿児島、九州4県で目撃・体験された戦慄の怪異譚。岩肌に掘った摩崖仏を拝んでから始まる不幸の連鎖。障りを逃れるにはある儀式が…「決まりごと」(大分県)、植木の道路沿いに忽然と現れる古い駅舎。駅名すら刻まれていないそれは…「断片」(熊本県)、町民から何かがよっついちょる(寄り憑いている)と忌避される一家。興味本位で覗きに行った男は…「山間に沿う」(宮崎県)、島津氏の血を引くと言われるとある一族のみに伝わる禁足地。訪れると死が…「遠い親族」(鹿児島県)他、心霊から神仏、河童、謎の飛行物体まで恐ろしくも奥深い、摩訶不思議な南の実話奇譚!

著者等紹介

久田樹生[ヒサダタツキ]
作家。実話怪談蒐集家。徹底した取材に基づくルポルタージュ系怪談を得意とする。代表作に『犬鳴村 小説版』、『「超」怖いベストセレクション 怪恨』、『怪談実話 刀剣奇譚』(竹書房文庫)など。冬の「超」怖い話シリーズ及び恐怖箱アンソロジーの執筆メンバーとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

60
実話怪談。大分、宮崎、熊本、鹿児島と九州南部を舞台にした話が収められている。大分は北部みたいな気もするけど…。地霊を感じさせる怪談は大好物なのだが、今回は南九州限定という事で独特の風景や文物が透けて見えるようで非常に満足。さらにはそれに著者の独特の作風が加わることによって怪談と旅情という二つの要素が溶け合って見事なハイブリッドとなっているように思う。特に好きなのは著者独特の薄気味悪さが透けて見える「遠い親族」だが「人気のアパート」「海ば、見たね?」もとても嫌。南国の太陽の下での恐怖譚、堪能できました。2020/04/27

あーびん

30
大分、熊本、宮崎、鹿児島の九州四県の実話怪談集。摩崖仏にまつわる因縁話「決まりごと」、西日本の河童は中国大陸から渡来したとされる説は初耳「九州四県河童ロード」、島津氏の家系といわれるとある一族に代々伝わる禁足地の話「遠い親族」が印象的。摩崖仏は前から訪れてみかったけれど、人知れずにそういう禍々しいものもあるのかなと思った。2020/06/15

高宮朱雀

20
生まれも育ちも九州の私にとっては、知っているようで意外と知らない話も多く、読み応えがあった。普段、番組などで特集されてるような内容ではなく、もっと深く掘り下げられた物という意味でも良い。 今回は熊本、大分、宮崎、鹿児島にスポットが当たっていたが、自分の生まれ故郷である鹿児島のある家族の話には、どんな因果があって、こういう障りが起きるようになったのだろうかとドキッとした。 私の母方の親族には島津家の人間がいたと聞いているので気になる事ではあるが、ここはもう知らぬが仏だと意識を切り替えよう。2020/08/16

澤水月

13
戦争といえば西南戦争なんだなあ。沖縄とも異なり少し東北風味も感じる方言(河童の話もたくさん!)。スポット凸多2020/03/31

12
私が住む九州の怪談。方言そのままで載っているしほとんど意味が分かる分読みやすかった。身バレすると嫌だけどあーあれかぁ!みたいな。河童、昔からいると噂があって子どもの頃川などで遊ぶと河童に連れて行かれるよとか言われた。河童の墓と信じていた石碑もあったし。県の中では河童モチーフのキャラもいるくらい身近な存在ですね。2020/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15237749
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。