竹書房文庫<br> 忌印恐怖譚 みみざんげ

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

竹書房文庫
忌印恐怖譚 みみざんげ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月12日 12時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801918795
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

知らないところで自分が言っていたらしい。
「これからぼくたち心中するところなんですよ」(「キヨミ」収録)
日常の裏側にびっしり恐怖の卵が湧いている我妻怪談!

幻惑の名手・我妻俊樹が描く、日常のすぐ横に口を開けた常世の深淵――。記憶の底にある家を探していると、祖母に異変が起きる「ヒロエおばさん」、バス停で出逢った身の毛もよだつ異形とは…「待合室」、バスで寝ていたら知らぬ間に異界に迷い込んでいた「深夜バス」、40歳を境に突然、命を脅かす怪異に見舞われ始める「ガタガタ」など、48篇の実話恐怖譚を収録。黄泉からの声があなたにも聞こえる――。

内容説明

幻惑の名手・我妻俊樹が描く、日常のすぐ横に口を開けた常世の深淵―。記憶の底にある家を探していると、祖母に異変が起きる「ヒロエおばさん」、バス停で出逢った身の毛もよだつ異形とは…「待合室」、バスで寝ていたら知らぬ間に異界に迷い込んでいた「深夜バス」、40歳を境に突然、命を脅かす怪異に見舞われ始める「ガタガタ」など、48篇の実話恐怖譚を収録。黄泉からの声があなたにも聞こえる―。

目次

カットバン
パーティー
ランドセル
ヒロエおばさん
血まみれ入道
坂の空き地
姿見
子連れ
若い男
心霊コース〔ほか〕

著者等紹介

我妻俊樹[アガツマトシキ]
『実話怪談覚書 忌之刻』で単著デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。