竹書房文庫 シグマフォースシリーズ 12<br> スミソニアンの王冠〈上〉―シグマフォースシリーズ〈12〉

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

竹書房文庫 シグマフォースシリーズ 12
スミソニアンの王冠〈上〉―シグマフォースシリーズ〈12〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 18時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784801918108
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ハワイのマウイ島に滞在中のグレイ・ピアースとセイチャンは、巨大なスズメバチの群れに襲われる。群れはハワイ島やオアフ島も襲撃し、多くの死傷者が出る事態に陥った。対応に追われるシグマフォースのペインター・クロウ司令官は、スミソニアン協会の創設者ジェームズ・スミソンの遺品で、第二次世界大戦中に盗まれた「悪魔の王冠」が、その件に関わっていることを知る。その裏で糸を引いていたのは、大日本帝国の再興と、殺された妻の復讐を誓う伊藤隆志という人物だった。一方、毒性学者のケン・マツイ教授からスズメバチがもたらす真の脅威について知らされたグレイたちは、群れのコロニー化の調査に乗り出すが、その過程でセイチャンがスズメバチに刺され、体内に卵を産みつけられてしまった…。

著者等紹介

ロリンズ,ジェームズ[ロリンズ,ジェームズ] [Rollins,James]
1961年イリノイ州生まれ。1990年代後半から作家としての活動を始め、2004年に発表した『ウバールの悪魔』に登場した『シグマフォース』を、2005年の『マギの聖骨』から本格的にシリーズ化

桑田健[クワタタケシ]
1965年生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

162
さすがロリンズ。本シリーズは、動物の主観が読みどころのひとつだが今回はスズメバチ。感情移入しにくい生物だが、一瞬自分がなんだか蜂になった気分を味わえ、蜂を応援するきにさせられてしまう。ハワイ、エストニア、今回も作戦範囲が広い。シグマフォースの運命から目が離せない。日本企業について、731部隊について、ちょっと強い思い込みがあるようだが、absintheが知らないだけで作者が書いた日本以外の国の描写にも誤解はそれぞれあるんだろうな。2019/03/22

KAZOO

113
ロリンズの最新刊が出版されました。最初に短編があり、オーストラリアのグレートバリアーリーフの近くでの主人公ペアが事件遭遇した後に、ハワイへ移動します。そこで、二人がねらわれて、その背後には日本人のニンジャが存在します。その狙われ方が結構今までになく面白く、スズメバチが出てきてそのスズメバチが異様な感じで不気味です。日本読者へのサービスなのでしょうか?富士山や河口湖が出てきたりして上巻の最後は主人公の恋人にハチが卵を産み付けます。ノンストップシネマを見ているようです。2019/04/26

みやこ

68
ワンパターンを脱却して、ここにきて面白さのギアをあげてくるシリーズ。監視なのか護衛なのかよくわからないお付の人たちを伴ってのグレイとセイチャンのバカンス……から一転して、彼らの過去が招きよせた大いなる危機。そもそもの根底にあるのは白寿間近の男が胸に抱き続けた恋の恨み。アメリカン・エンタメらしく日本の影の組織の呼称は「忍者」。ああ、だけど忍び寄る脅威の正体はもはやホラー。気持ち悪い!そして怖い!でも気になる~~!と読み進めて、最後の最後で衝撃的な爆弾がセイチャンの口から放たれました。ちょっと、どうなるの!→2020/10/08

トムトム

37
忍者が出てきた!アメリカ人が好きそう。琥珀の中から古代生物が復活。最恐スズメバチと人間の戦いです。本物の狩人バチは獲物の感覚はそのままに、体だけが動かなくなる毒を作ります。この毒を人間は再現できていません。再現できたら、レイプや拷問に使えるのに(^_-)-☆ 徳川慶喜が天皇にひれ伏したですって!?無血開城の偉大さをだれか、ロリンズさんに熱く語ってあげて下さい。2020/04/02

Richard Thornburg

25
感想:★★★★★  シリーズ第12弾です。  前作と同じく、本編の前に『ゴーストシップ』なる短編があります。  グレイ&セイチャンはΣに無断で行先も告げずに無期限休暇を満喫して世界各地を旅行中という設定。  今回の舞台は、そんなグレイ&セイチャンの訪れたハワイのマウイ島。  突然飛来した遠隔操作のセスナ機よりバラ撒かれたスズメバチの大群により、多くの死傷者が発生したことから事件は始まります。  毒性学者教授から、バラ撒かれたスズメバチの真の脅威に関する情報を得たΣの面々・・・  2020/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13534990

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。