竹書房文庫<br> 奇譚百物語 死海

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり

竹書房文庫
奇譚百物語 死海

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2019年02月21日 20時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801917439
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

内容説明

怪異は古今東西、誰の身の上にも起こりうるもの―無国籍百物語の登場だ。代々守ってきた家で突然凶事が起こり出したのはなぜ?「忌み地」(22話)、結婚式で新婦側の友人が歌う祝いの歌に混じって聞こえてきたのは「不穏な言葉」(42話)、ロンドン東郊外にある林を散策していると見知らぬ男が現れて木の下を掘れと言う「指示する男」(62話)幼い頃の友人が夢に出て来た。気になり家を訪ねたら母親が「息子は死んだ」と言うが…「旧友の母親」(66話)など、極上の恐怖が待っている。

目次

傘を差す女
トランペット
AED
助けた女性
タキシードの男
歩行者保護
陸軍墓地
視界
家族葬
葬儀写真〔ほか〕

著者等紹介

丸山政也[マルヤママサヤ]
2011年「もうひとりのダイアナ」で第3回『幽』怪談実話コンテスト大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。