ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに―韓国の人気エッセイストがぼのぼのから教わったこと

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに―韓国の人気エッセイストがぼのぼのから教わったこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月22日 22時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801914018
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0098

出版社内容情報

“わたしたちはみんな、ぼのぼのみたいな誰か”『ぼのぼの』を通して人生について考える、韓国で10万部突破の大人気エッセイ!

内容説明

弱ったときは『ぼのぼの』に頼ろう。韓国で空前のベストセラーとなった癒しエッセイ、日本上陸!

目次

第1章 他の人とも一緒に生きる方法(本当の慰めは自分もそうされたくなるもの;つまらないやりとりが必要 ほか)
第2章 夢なしで生きられたら大人(「すぐ」をしないと大人になれる?;大人の話はつまらない ほか)
第3章 人生で勝つってなに 敗けるってなに(子供の名誉;自分ができること探し ほか)
第4章 正直になった瞬間 世界が少し変化する(小心者がいやで、小心になる;友達とは、待っていてくれる人のこと ほか)
第5章 完璧であるより十分であること(なくても困らないなら必要ないもの;夢がへんな理由 ほか)

著者等紹介

キムシンフェ[キムシンフェ]
放送作家、エッセイスト。1978年11月生まれ。中学時代に日本語や日本文化に関心を持ち始めた。大学で日本語を専攻

いがらしみきお[イガラシミキオ]
漫画家。1955年宮城県生まれ。24歳でデビュー。『ぼのぼの』は大ヒットとなり、映画化、テレビアニメ化される

小山内園子[オサナイソノコ]
翻訳者。1969年11月生まれ。東北大学教育学部卒業。NHK報道局ディレクターを経て、延世大学などで韓国語を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

蒼雨

19
通勤電車と昼休みにひたすら癒されてました‼︎「いつかは君が好きな、そして君を好きな一生の友達に会える。世界には、自分を好きになってくれる人が少なくとも一人はいるよ、と。」今の私にまっすぐ届いたこの言葉。ぼのぼのを1巻から買って読みたくなりました‼︎2018/04/04

西澤 隆

7
激烈競争社会韓国のひとにもぼのぼのは響くのか。読み進めると韓流と嫌韓の両極端に振れた情報ではなく「いろんなひとがいて、いろんな悩みを持っている」ことをしみじみと思う。ぼのぼのが響くのは、いろんな面でLet it beできない、がんばっちゃう「むくわれない感」を抱えるひとたち。正直なところ、このエッセイの中にも強烈な「ウリとナム」や「親友になったらすべてぶつけたい」などの韓国的熱さはそこかしこにあらわれて「うへえ」と思う部分もあるのだけれど、そんなちがうタイプのひとにも、ぼのぼのは響く。なんだか、いいなあ。2020/02/20

Astroswitch

4
ぼのぼのの漫画は読んだことがないけれど、生きていく中で現れる疑問に一つ一つ丁寧に向き合っている漫画なんだなと思った。漫画の方を次は読んでみたい。この本では、ぼのぼのみたいに生きられず、どうしても利己的になってしまったり、ある意味逃げ腰になってしまう著者の赤裸々な日々や考え方が綴られていて、それがとても共感できた。こうしたいと思うのと現実ってどうにもずれてしまう。人に立派な事を求めるのに、自分はそれが出来ない。それが自分自身の首を締めることになる。でも上手くいかない人生がいかに素晴らしいかを教えてくれた。2020/05/10

えりぴよ

0
原作が読みたくなったので、月一、1冊読んでみよう2022/04/08

nekomeys59

0
「ぼのぼのに登場するキャラクター達のように生きられてら」と思っていた。素直に泣き笑い、気楽に生きる。本書を読んで、ぼのぼの達も意外と人間のような苦労をしているなと。人間のような苦労はあるが暗くない。問題もいつのまにか解決している。自然体のような感じでいる。韓国でも人気なのは、その「無理に生きようとしない姿」ではないかと。著者の日頃の生活感や悩みも共感できる。いがらしみきお先生のはっちゃけが可愛い。2020/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12654537

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。