落語とは、俺である。―立川談志・唯一無二の講義録

個数:
電子版価格 ¥2,750
  • 電書あり

落語とは、俺である。―立川談志・唯一無二の講義録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 07時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 416p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784801912472
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0076

出版社内容情報

著名なエジプト考古学者=吉村作治が、最円熟期の立川談志に8時間にも及ぶ映像講義を語らせ記録していた。立川談志の落語論。

内容説明

落語界の風雲児=立川談志が、インターネット通信制大学の映像講義で語りおろした珠玉の「落語学」。落語を通じて「人間」と「芸術」の本質を語った最初で最後の講義録、待望の書籍化!

目次

第1回 落語とは
第2回 落語の誕生
第3回 名人の系譜
第4回 爆笑王
第5回 駄洒落
第6回 落語家のシステム
第7回 落語実演『金玉医者』
最終回 ジョーク

著者等紹介

立川談志[タテカワダンシ]
落語家、落語立川流家元。1936(昭和11)年、東京都に生まれる。本名、松岡克由。小学生の頃から寄席に通い、落語に熱中する。16歳で五代目柳家小さんに入門、前座名「小よし」。18歳で二ツ目に昇進し「小ゑん」。27歳で真打となり、五代目立川談志を襲名する。1971(昭和46)年、参議院議員選挙に出馬し、全国区で当選。1977(昭和52)年まで国会議員をつとめる。1983(昭和58)年、真打制度などをめぐって落語協会と対立し、脱会。落語立川流を創設し、家元となる。2011(平成23)年11月21日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fwhd8325

36
今更ながらですが、家元は次元を超越していたんだと思います。だけど、噺家、落語家であることには間違いありません。そして、亡くなった後次第に神格化していく傾向にあると思います。それを否定する気持ちはありません。円朝が作り上げた落語の世界があり、時代を経て、名人たちが語り継ぎました。家元もそのひとりです。そして、今の落語ブーム。独自の世界観を持っているのは、まさに家元の影響を少なからず受けているのでしょう。もはや神の域に近い家元はどこか近寄りがたい存在とも言えます。2018/01/28

Nazolove

22
なんか、ただすごーいしゃべってしゃべって終わった感じの本であった。(これはこれで嫌いではないのだが) でも家元はこんな感じの本が似合うのかな、とも思った。 内容の語りがあるのかなと思ったら全然違う話して終わってたのでこれは真の天才じゃなければ話せないのかな、と思った。 ちょこちょこ、ジョークやらネタやらあるので宴会やらSNSやらでさらっと言いたい方は家元に一礼して覚えて使ってもらいたいと思う(笑)。 もっとこの人が落語とは何ぞや、みたいな語りの本を読んでみたいなと思った。2017/12/12

ムーミン2号

8
インターネットを通じて配信された映像講義を書籍化したもの。「落語とは、人間の業の肯定である。その業は、「常識」に対する「非常識」ばかりではなくて、人間の中にある“どうにもケリがつかないもの”までの肯定である。」が結論だが、実演も交えたものを文字として読むと半分分かって、あと半分はモヤモヤだ。DVD化されているので、そっちを見ればもっと分かるのかな? この方の頭は超高速回転しているようで、話があっちに飛び、こっちに流れしながら収斂させていく。時々、凡人ムーミンには追い付けない。ま、落語を聞くとしよう。2018/07/18

はかせ

4
ついに最後の講義録の出版。DVDもあるというがとりあえず活字で読む。いささか総集編じみているのもやむを得ないが、最後の活躍であったろう。ちょうど百席を録音されたころと思うが感傷を省いても落語論をふくめ見事なまとめです。2017/11/22

ざび

4
まだ出るか‼︎という感じ。吉村作治教授の肝いりで行われたインターネット講義の書籍化である。ほとんどは、談志師匠の著作で書かれていることばかり。出典は新しいが内容は既出であり、普通で考えれば、黒地に白文字の談志本はもう打ち止めとすべき。2017/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12281689
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。