竹書房文庫<br> THE HUNTERS―アレクサンダー大王の墓を発掘せよ〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

竹書房文庫
THE HUNTERS―アレクサンダー大王の墓を発掘せよ〈上〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801910843
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

歴史に埋もれた財宝の謎を追うチーム“ハンターズ”―最強の指揮官コッブと4人のプロフェッショナルたちの新たなミッションは、アレクサンダー大王の墓を発掘すること。世界の歴史上、最も偉大な征服者と評されるアレクサンダー大王の墓の在り処は考古学史上最大の謎の一つとされている。エジプトに乗り込んだコッブたちは、手がかりを追ってアレクサンドリアの地下に広がる貯水施設の調査を行ない、西暦365年に起きた津波が関係しているらしいことをつかむ。だが、地元の裏社会のボスとのトラブルに巻き込まれたばかりか、謎の暗殺集団からも襲撃され、仲間を拉致されてしまう。コッブたちは仲間を取り戻し、墓を発見できるのか!?最強のチームが歴史上最大の謎に挑む!

著者等紹介

カズネスキ,クリス[カズネスキ,クリス] [Kuzneski,Chris]
1969年ペンシルヴァニア州生まれ。ピッツバーグ大学卒業後、教師を務めていたが、昔からの夢だった作家への転身を決意。2002年に自費出版したPlantationが評判となり、出版社と正式契約を結ぶ

桑田健[クワタタケシ]
1965年生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Richard Thornburg

14
感想:★★★★  シリーズ第2弾!  今回はなんとアレクサンダー大王の墓を『ハンターズ』が探します。  ・・・ってことで、舞台はエジプト。  前作よりも歴史の蘊蓄が多めでいい感じです。  『ハンターズ』のメンバーはそれぞれの分野ではスペシャリストではあるものの、お互いの共通点はほぼ皆無(笑)  前作よりも凸凹ぶりが強調されている感じですが、それぞれのメンバーが苦手な部分に歩み寄ろうとしているところは好感かも。  今回はマクナットさんの存在が際立っていて、ウィットに富んだ受け答えがいい味出してます。 2018/08/28

pangea74

2
前作よりも2作目の方がシックリ来たかもしれません。まだ上巻だけど。というのも今回の本の題材はアレクサンダー大王の墓を探し出すということで、1作目よりも歴史に奥行きがあり、探索の舞台がエジプトというのもあって雰囲気が良かった。さらに前半でハンターズの面々がピンチになってしまいハラハラさせてくれる。徐々にチームの連携が強くなってきているのも見どころです。特に元海兵隊のマクナットの独特のユーモアが素晴らしく、愛おしいキャラに昇格しました。下巻へ続く。2017/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11707299

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。