ラズベリーブックス<br> メイフェアのおかしな後見人―あるいは侯爵の結婚騒動

電子版価格 ¥924
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ラズベリーブックス
メイフェアのおかしな後見人―あるいは侯爵の結婚騒動

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801908833
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

社交シーズンを迎えロンドンは活気づいてきたが、“不運な屋敷”では使用人たちが身を寄せ合いながらひもじい思いをしていた。使用人はくせ者揃いだが、芸達者な執事も気取り屋の従僕もけなげなメイドの少女も、みな家族のように固い絆で結ばれていた。しかし賃金は安く、いわくつきの屋敷の借り手は見つからず、彼らの生活は苦しかった。ようやく見つかった新たな借り手は、双子の令嬢とみすぼらしい愛犬を連れた美しい後見人ハリエットだった。令嬢たちを貴族と結婚させようとがんばるハリエット。愛犬がきっかけで侯爵と彼の友人と知り合いになったまではよかったが、ふたりともハリエットのほうに好意を抱いてしまい…。華やかな英国貴族社会を舞台に個性豊かな使用人たちの活躍と騒動を描く人気シリーズ!!

著者等紹介

ビートン,M.C.[ビートン,M.C.] [Beaton,M.C.]
1936年、スコットランドのグラスゴー生まれ。書店員、秘書、新聞記者などの仕事を経たのち、結婚してアメリカへ渡り、編集者である夫の勧めでロマンス小説を書き始める。以降、100冊以上のヒストリカル・ロマンスを、マリオン・チェスニーほか、さまざまな名義で執筆する。その後、M・C・ビートン名義でスコットランドを舞台にしたミステリーを発表。現在は、スコットランドのコッツウォルズ在住

桐谷知未[キリヤトモミ]
東京都出身。南イリノイ大学ジャーナリズム学科卒業。文芸翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。