ラズベリーブックス<br> 舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ラズベリーブックス
舞踏会の夜に盗賊と甘いキスを

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 419p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801901407
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

伯爵令嬢キンバリーは父から結婚をせっつかれていた。結婚願望はなかったが、父の強い要望でルーストン公爵邸に滞在して縁組を頼むことになってしまった。気乗りしないままやってきた公爵邸でキンバリーが逢ったのは、スコットランドの領主ラクラン。盗賊をしなければならないほど一族が困窮しているため、彼は裕福な花嫁を探すために公爵邸へやってきたのだ。これほどたくましくハンサムな男性に初めて逢ったキンバリーは、思わずぼうっと見とれて、うっかり鼻水までたらしてしまう。しかも着ていたのは流行遅れの冴えないドレス。その後、彼女は気恥ずかしさからラクランにつれなくするが、逆に彼の方はキンバリーが気になりはじめる。似合うドレスを着て驚くほど美しくなったし、彼女と話していると決して退屈しないからだ。そして、最悪の出逢いからはじまったふたりの関係は、舞踏会の夜に予期せぬ方向へ…。

著者等紹介

リンジー,ジョアンナ[リンジー,ジョアンナ] [Lindsey,Johanna]
1952年生まれ、ハワイ在住。ヒストリカルロマンスを中心にこれまで50冊の作品を刊行。ベストセラーになった作品も多く、世界各国で翻訳されている

松井里弥[マツイサトミ]
翻訳家、東京都出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばんび

4
甘々で面白かった。 前作の赤毛の乙女と嘘つきな公爵。読んでない(泣)2017/08/14

りり

3
★★☆☆☆無限に登場しそうな人物と主要人物たちの名前がしっくりこなかった。宮殿はいくらなんでも大きすぎじゃ…。ヒーローの夜這いも痛い勘違い男にしかみえず。筆運びがこんななのは初期の作品だから?と思ったらそうでもない様子。こんな作風だったか、前作はまったく思い出せない。どうにも読み難くて途中から斜め読み。よく赤面するヒロインだった2015/02/27

ピピピ☆

2
★★★★☆4.52015/01/15

あさひ.a

1
初読み作家さんだけど、前半が特に展開的に有り得ない!とか思っちゃって、私には合わないかなと思った。人の名前が時折間違ってて混乱した。2015/02/20

矢田ふみえ

0
盗賊をせざるを得ないラクランが、結婚を決意する。気になる人から愛する人へ。俺を求めていることはわかっているんだとことにおよんでしまう。まぁいいんだけどね。出生の秘密も、必要?と思うけど。2016/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9171000

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。