Change The Label―人生を変える「自信」のつくり方

個数:

Change The Label―人生を変える「自信」のつくり方

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801497511
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0011

内容説明

多くの人は、認められることで自信がつくと思い込んでいるので人から認められたいと思っていますが、実は順番が逆です。自分が自分のことを認めているので、人も認めてくれるようになるのです。自分をどのように認めていくことができるのかという方法を知れば、誰でも自信をつけられることができるのです。本書でその方法をお教えします。

目次

プロローグ 自信がつくと人生は変えられる
第1章 なぜ、自信を持つことが大切なのか?
第2章 自信をつける簡単な方法「チェンジ・ザ・ラベル」
第3章 自信をより強固なものにする簡単なコツ
第4章 一瞬で自信がある状態に切り替わる方法
第5章 最高の未来をつくる「チェンジ・ザ・フューチャー」
エピローグ 「ある」と思えばある

著者等紹介

加藤史子[カトウフミコ]
夢の実現を応援するメンタルトレーナー。企業研修講師/講演家。筑波大学卒業。千葉大学大学院修了。会社員時代に心理学と出会い、世界中の心理学のメソッドを自ら体験しながら効果を検証する。日常生活のなかで誰でも簡単に活用できるよう独自のメソッドを開発。悩んでいる人に希望の光を届けるために全国をまわり講演、講座、執筆活動を行う。ミキハウス、船井総合研究所などで企業研修講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

2
ワークがたくさんあって、まだ消化できていませんが、自分にラベルを貼るのは簡単にできて、成果もすぐに出そう。2021/04/20

葵(あおい)

1
Kindle unlimitedにて。たくさんワークが載っていたけど、読みながらだとうまく出来なかった。イメージして、のちに今ここに帰ってくる系。ヨガの瞑想とかもうまくできないので、思考がとっちらかっているんだろあなぁと思う。まずはなりたい自分を明確に言語化するところからかな。。いつもこれができなくて先に進めない。2021/02/24

みきて

0
「自分は愛されるに値する存在だ」というラベルを自分につけてあげたい。繰り返しイメージしたり自分に語りかけてあげたい。2021/01/30

yamato

0
ペア読書で読みました。 自分や他人に無意識で貼ってるラベル(思い込み)は前向きな言葉に貼り替えて自信に繋げてこう、という内容。 ワークアウト方法もいくつか載ってるから自分のイメージしやすいやり方が選べていいと思う。2021/01/17

たおる

0
自信があまりないなと日頃思っていたところ、この本見つけました。 自分や周りへのマイナスな感情は、すべて自分がそう認識(レッテル)を貼っていることから生まれている。そのレッテル(ラベル)を貼り替えるだけで行動が変わり自信はついてくる。 自信に関する本はいくつか読みましたがこの本が一番府に落ちました。 中でも「心の位置を把握する。」というのが一番個人的に意識したいと思う内容でした。2021/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15102900
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。