「ジョー」のモデルと呼ばれた男―天才ボクサー・青木勝利の生涯

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

「ジョー」のモデルと呼ばれた男―天才ボクサー・青木勝利の生涯

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月30日 16時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305854
  • NDC分類 788.3
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ファイティング原田、海老原博幸、藤猛など幾多のスターが生まれた1960年代の日本ボクシング黄金時代。その中にあって、ひときわ人気を集めたボクサーがいた。〝メガトン・パンチ〟青木勝利である。少年院でボクシングに出会い、退院後にジムに入門。連戦連勝で瞬く間に頭角を現し、わずか19歳で東洋王座を獲得--―。

しかし、その類まれなる才能とは裏腹に、極度の練習嫌いでたびたび失踪し、試合当日に酒を飲んでリングに上がることすらあったという。

連続KO勝利の日本記録樹立(当時)、バンタム級史上最強の王者エデル・ジョフレへの挑戦、ライバルのファイティング原田との世紀の対決、そしてスターの座からの転落……。

漫画『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈のモデルにもなったとされる稀代の天才ボクサー・青木勝利。その知られざる栄光と挫折の軌跡。

内容説明

ファイティング原田、海老原博幸、藤猛など幾多のスターが生まれた1960年代の日本ボクシング黄金時代。その中にあって、ひときわ人気を集めたボクサーがいた。“メガトン・パンチ”青木勝利である。少年院でボクシングに出会い、退院後にジムに入門。連戦連勝で瞬く間に頭角を現しわずか19歳で東洋王座を獲得―。しかし、その類まれなる才能とは裏腹に、極度の練習嫌いでたびたび失踪し、試合当日に酒を飲んでリングに上がることすらあった。バンタム級史上最強の王者エデル・ジョフレへの挑戦、ライバルのファイティング原田との世紀の対決、そしてスターの座からの転落…。漫画『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈のモデルにもなったとされる稀代の天才ボクサー・青木勝利。その知られざる栄光と挫折の軌跡。

目次

プロローグ 消えた天才ボクサーの足跡を訪ねて
第1章 不良少年から国民的ヒーローへ(ボクシングと出会った「不良少年」;三鷹ジム入門、プロテスト合格 ほか)
第2章 ボクサーとしての栄光と挫折(米倉健志との激闘、東洋タイトル奪取;名王者・ジョフレへの挑戦 ほか)
第3章 墜ちてゆくメガトン・パンチャー(ボクサー人生の晩年と泥沼の連敗;柴田国明との運命の“新旧対決” ほか)
第4章 長過ぎた「余生」とその晩年(キックボクシングへの転向表明と失敗;止まらぬ転落とホームレス生活 ほか)
エピローグ 善福寺池畔にて

著者等紹介

葛城明彦[カツラギアキヒコ]
東京都杉並区西荻窪出身。早稲田大学教育学部卒。広告制作会社のコピーライター等をへて、未解決事件などをテーマとするノンフィクション作家(複数筆名を使用)となる。(一財)日本ボクシングコミッションのレフェリーとして多くの試合を裁いており、都内および近県では公的施設等で日本史講師も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ma-bo

62
リアルタイムを知っている方は70代以上の人になるのだろうが、軽量級の三羽ガラス、ファイティング原田、海老原博幸、青木勝利と言うのは見聞きしたことはある。3人の中で才能は一番あったと言われる青木選手が、酒に溺れ、練習にも力が入らず転落していく。引退後の無銭飲食や、暴行等で何度も逮捕されるのも寂しすぎる。少年院送りとなり、バンタム級という共通点はあるけど題名のジョー(矢吹丈)のモデルと呼ばれた男というのは、マンガの架空人物とはいえストイックさの違いを考えるとジョーに失礼ではないかと思ってしまう…2022/06/03

athnete10

1
読了後、なんとも言えない気持ちになった。最近は、井上尚弥選手のようなアスリート感の強い選手が増え、青木選手のような人は減った・もしくは勝てなくなったのか?どちらもそれぞれ魅力を感じるが、井上尚弥選手が青木選手のような末路を辿ったらあまりにも悲しい、それだけは間違いない。2022/06/11

しおうり

0
伝説的ボクサーの栄光と挫折。 天才だからこその苦悩。 引退後は本当に人知れぬ生活だったのだろうが 晩年の情報が少なくて残念。2022/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19268495

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。