趣魅怪談―特殊趣味人が遭遇した21の怪異

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

趣魅怪談―特殊趣味人が遭遇した21の怪異

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 04時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305335
  • NDC分類 147
  • Cコード C0095

内容説明

廃墟探訪、葬式巡り、架空鉄、厄集め、抜け殻収集、懸賞マニア、切り絵、事故物件内見、怪談蒐集家…忘我は人を異界に誘う。気鋭の怪談師4人がつむぐ趣味にまつわる“極上”の怪異譚。

目次

第1章 奇の怪異(“トレイルランニングの怪異”パアァァン!(しのはら史絵)
“鉱物コレクターの怪異”石拾い(若本衣織) ほか)
第2章 妖の怪異(“架空鉄の怪異”理想郷に捧ぐ(正木信太郎)
“スワッピング愛好家の怪異”見学者(若本衣織) ほか)
第3章 怨の怪異(“ソロキャンプの怪異”焚火(若本衣織)
“懸賞マニアの怪異”当選通知(正木信太郎) ほか)
第4章 縛の怪異(“厄集めの怪異”厄拾いサークル(夜馬裕)
“事故物件内見の怪異”予測不可能(しのはら史絵) ほか)

著者等紹介

正木信太郎[マサキシンタロウ]
怪談師・怪談作家。聞く人を唖然とさせる怪談・奇談を得意とする。また、座談会方式で怪談を語り合う「板橋怪談会」の主催のひとり

しのはら史絵[シノハラシエ]
作家・脚本家・怪談蒐集家。共著者である正木信太郎氏と「板橋怪談会」を主催。不定期で「女だけの秘密の怪談会」も主催している

夜馬裕[ヤマユウ]
怪談師・作家。三代目最恐位(怪談最恐戦2020優勝)。怪談師ユニット・ゴールデン街ホラーズの一員。第7回『幽』怪談実話コンテスト優秀賞、カクヨム異聞選集コンテスト大賞他

若本衣織[ワカモトイオリ]
怪談師、作家。第2回『幽』怪談実話コンテストで「蜃気楼賞」に入選。近年は様々な怪談会に顔を出しながら、自身が集めた怪談語りを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

澤水月

12
去年は特殊な職業、今年は趣味。クルマ趣味の「草ヒロ」て言葉を初めて知り収穫。書き手増えたらかなり玉石が…趣味はどれも面白い。コロナ禍もあり大変そう。「実話じゃないやんけ」は別によくてテキストのみ勝負の怪談として面白けりゃいいと思う自分には夜馬裕氏のは全て面白かった。抜け殻コレクター!2021/10/19

qoop

12
珍しい趣味を楽しむ渦中で怪異に出会う…そんな怪談を集めようという挑戦的なコンセプトが素晴らしい。あとがきにもあるが、全編通じて趣味の説明をくどく書かずスムーズに怪異とつなげる工夫が感じられ、怪異の内容以前に好印象。ただ収録作の中には実話と言われてもな〜…というものもない訳ではない。特殊な趣味だけに、個人の特定を避けるためにアレンジ効かせすぎだのかもしれないが…2021/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18050158

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。