誰も書かなかった介護現場の実態―現役介護士が直面する現代社会の闇

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

誰も書かなかった介護現場の実態―現役介護士が直面する現代社会の闇

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月11日 17時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305021
  • NDC分類 369.04
  • Cコード C0095

内容説明

利用者も大変だけど、介護士の仕事は想像以上に残酷です。

目次

第1章 衝撃が走った事件(介護士が抱く果てしない疑問;危険な利用者 ほか)
第2章 介護施設の奇妙な日常(アンタそれ食ったかい?;受け入れられない家族の現実 ほか)
第3章 職員たちによるトラブル(静かに殺される利用者たち;鬼畜の仮面 ほか)
第4章 障がい者施設での苦悩(あの子はもういない;子ども殺しを殺せ ほか)
第5章 施設で迎える最期(介護現場の死;柴崎のばーちゃんが死んだ ほか)

著者等紹介

宇多川ちひろ[ウタガワチヒロ]
1986年生まれ。川崎育ち。現役の介護士として10年以上勤務。介護サービスや福祉施設に従事してきた経験から、虐待・貧困・延命・介護士の不足といったさまざまな問題について考えるようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。