世界最凶都市ヨハネスブルグ・リポート

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

世界最凶都市ヨハネスブルグ・リポート

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月02日 01時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801304468
  • NDC分類 302.487
  • Cコード C0026

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

49
「世界で最も治安の悪い都市」と言われる、南アフリカ共和国のヨハネスブルグに、著者が実際に足を踏み入れ取材したノンフィクション。家には(強盗に侵入されないために)電流フェンスが設置されており、ドラッグが蔓延、スラム街では強盗を生業にしている人も多いなど、とにかく危険な匂いしかしない。警官の汚職が多く、警察が機能しいないのも大きな問題。「南アはアパルトヘイト後にいい感じになった国」というイメージがある人にはぜひ読んでもらいたい一冊。本書の最後の方に出てくる表紙の人物が最凶か。2020/07/27

DEE

14
著者は日本でも記者として活躍しながら、ニューヨーク市立大学でジャーナリズムを学んだ。そのインターン先がヨハネスブルク。 なんとなく軽いタイトルに反して、格差や貧困、そしてアパルトヘイトが遺した傷跡と内容は硬派。表向きには差別は撤廃されたのだけど、いくら法律を変えても人の意識を変えるのは簡単ではない。そしてそこに蔓延るヤバい麻薬。不安や憤りはそんなことぐらいでしか解消できない社会が悲しい。叩き上げのジャーナリストによるしっかり芯のあるドキュメント。2020/06/06

nobu23

5
治安の悪さでネット上でも都市伝説のようにネタにされる、南アフリカのヨハネスブルグに、アメリカのジャーナリズムの大学院の課題として訪れた際の体験記。 白人と黒人のそれぞれの視点から見た貧困などのアパルトヘイトの影響が描かれている。テーマは重いが内容や文体が読みやすく、スイスイと読めた。2021/04/11

garth

4
ソウェトのホーム・パーティ! 世界最悪の麻薬ニャオペ! 最初2chのコピペからはじまるあたりはどうしてくれようかと思ったが、最終的にはそれなり。2020/05/17

2n2n

3
①筆者には南アを取材する際に「アフリカをあたかもこの世の地獄のように描いてステレオタイプを形成させるような記事を書いてはならない」という思いが念頭ににあったはずなのだが、取材を通して五感で感じとったありのままを報告したら、結果的に悲惨な話ばかりになってしまったという。②1994年にアパルトヘイトは撤廃されたが、南アの暮らしは一向に良くならず、今では自由主義の理念が素晴らしいものだと信じることもできなくなっているという、今世界中のあらゆるところで起きていることと似たようなことが、ここでも起きているようだ。2021/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15445191

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。