本当は怖ろしい漢字 - 身の毛もよだつ怖さを秘めた漢字の成り立ち

個数:

本当は怖ろしい漢字 - 身の毛もよだつ怖さを秘めた漢字の成り立ち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 09時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801304222
  • NDC分類 821.2
  • Cコード C0095

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko@猫屋敷寧ろ暑い

65
漢字は殷時代から、主に呪い、占いなどを表しているからといって怖い意味が多過ぎる!人名に使っているのにも驚きの隠された意味が😨😨😨良かれと思って付けた名前の漢字が実は、、、という。知っていたのは「了」だけど大好きな内藤了さんのお名前😢😢😢学校の「校」は子ども達が拘束されるという意味だと知り、成程なと思った。この本よりも同じ彩図社から出ている同じ題名で著者が小林朝夫さんの方がオススメです。著者もこの本を参考にされておられますね😊2023/09/05

ちぃ

3
古代中国が多く漢字の成り立ちが、想像とは違い正直者気持ち悪い、、、 「微」「校」「了」気味が悪い、、、と思いつつ読了してしまう2022/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15048943
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。