カルト宗教信じてました。 - 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

カルト宗教信じてました。 - 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 21時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 147p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784801303003
  • NDC分類 198.99
  • Cコード C0095

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

482
読み友さんレビューより目に飛び込んで来たこちら、気づいたらポチってた。Kindleのバカ(笑)難しいのは読みたくなかったんで、ちょうどよかったんだけど。カルト宗教を元「中の人」が書いたこちら。抜けるキッカケは愛する我が子だったようだけれど、なるほど、動機が強烈であれば、抜けるときはあっという間なのかもしれないね。「中の人」の優越感、勧誘の手法などなど、我が周辺の思い当たることに重ねつつ読了。2019/04/28

ゼロ

127
信仰の自由はあるので、宗教を崇拝するのは個人の自由です。著者は、10歳に親の誘いを受け、エホバの証人に入信となりました。多感な10代に入信し、25年後に棄教したのは、稀なケースだと思います。内情をコミックエッセイとして描いてましたが、えげつないことが多い。幼児虐待を善とし、会社員としてフルタイムで働くことを悪とし、大切な人に輸血をする権利を与えない。組織の内側にいれば仲間ができ、考える必要もないので楽に生きれるのは分かりますが、個人の人生の自由を認めてないように感じたので、生きるのが窮屈に感じました。2022/05/05

あっか

86
ウチにも時々来る「エホバの証人」の内実を暴きつつ、25年もどっぷり宗教に浸かっていた著者がどうやって抜け出したのか!?が真に迫って伝わってくるコミックエッセイでした。もう、ちはる君〜〜〜!と涙なくしては読めませんでした。凄くリアルで、全然遠い世界の話じゃないのかも…と思えたのが怖くもあり、良かったです。小5じゃ無理だよ…「自分たちだけが真理を知っているという謎の優越感」は、宗教に限らずネットワークビジネスなどでも蔓延っていると思う。人間の弱い心につけ込んで来るんでしょうね。深い闇の一片を垣間見れました。2019/04/29

yomineko@背番号17

68
読み友様からのご紹介本です。もう夢中で読みました。エホバの証人=被害に遭っていた韓国人伝道師の考えと全く一致していて驚きを隠せません。神社仏閣駄目(日本人の心をふみにじっている😡)、偶像崇拝駄目。私は明らかに洗脳されかかっていたのです😨「あなたが語学が出来るのはイエス様のみめぐみのお陰」とのたまっていた😡いや、両親が教育を受けさせてくれたお陰ですし。噂には聞いていたが、エホバはもう相当酷い。著者がエホバを離れた事によって救われて本当に良かったです。2022/04/05

神城冥†

68
うん、仕事場の団地でもその宗教の人達が歩いて回ってるけど、まさかそんな厳しい決まりがあるとは思わなかった。挨拶とか礼儀正しいのは確かな印象。著者の家族、これから幸せになってほしいな。旦那さんも息子さんも優しそうだし。うん、平凡な幸せって大事なのよ。2018/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12820588

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。