売春島 - 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ

個数:

売春島 - 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 22時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801302488
  • NDC分類 368.4
  • Cコード C0036

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

536
【遊廓部参考図書】冒頭でインタビューを受けている男性の口調やその内容が胡散臭すぎて、かつて貪り読んだ「飛田新地」モノを思い出し、途中下車しそうになりながら。終えてみれば、著者の取材力、構成力に感服の一冊だった。島の成り立ち、衰退への道のり、現時点で島が抱えている問題に至るまで。行き詰まったと思われるところでちゃんと取材に応じてくれる人が現れるのは、著者の人徳か。ラスト、日本全国に散らばるバブルの置き土産にまで触れらているのも興味深い。2021/08/16

鉄之助

320
どぎついピンクのタイトル。バスの中で読んでいてチョット人目をはばかったが、中身はいたって真面目なドキュメントだった。「”潜入取材”では心の内は見えてこない」という著者の姿勢に共感できる。聞きにくい話でもあえて、身分を明かし取材対象に迫っていく文章が良かった。覆面取材で、”美味しい話”だけをクローズアップして「売春島」をバーンと叩く、これまでの雑誌取材の手法とは違う本だった。編集者の意図か知らないが、『実話ナックルズ』から一部借用した口絵の淫靡な写真集は必要なかったのでは? とつい思ってしまった。↓2022/08/16

巨大猫 vaicorinthians gavioesdafiel

241
貰い物です。興味深い話でした^_^2021/11/23

パトラッシュ

170
少なくとも今世紀初めまで国内の人の集まる土地には、地元公認の実質的な売春街が確実にあった。生活の苦しい女が生きるために必要な場所として機能しており、オランダやドイツなどには今も飾り窓地区がある。そうした中で渡鹿野島だけが都市伝説として語られたのは江戸期の吉原同様に島内で女が閉じ込められていると誤解されたのに加え、出稼ぎ娼婦の集まる島という特異性故ではないか。島で生きねばならない娼婦や置屋の女将、やくざに島民、さらに金の匂いに引き寄せられる面々の悲喜劇はバルザックやドストエフスキーの登場人物のように思えた。2022/02/23

ひろき@巨人の肩

136
三重県に在住後に耳にした売春島・渡鹿野島。成り立ちは、江戸時代の海運中継地に位置し、風待ち船乗りの遊郭街として賑わったこと。第二次大戦中は予科練の基地設置計画もあり、戦後より売春産業が発達。バブル期前の最盛期は、他県より移り住んだ四名の女性が起源。御楽の少ない時代の桃源郷となった。その後、全国的な風俗産業の多様化と詐欺被害による中核ホテルの経営が傾いて衰退。現在はクリーンな観光地としての再興を目指す。人間臭いノンフィクションはやはり面白い。文化や風俗とは人々の生活の積み重ねだと再認識した。2020/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12247519

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。