ぼくは強迫性障害

個数:
電子版価格 ¥623
  • 電書あり

ぼくは強迫性障害

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月22日 23時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801301788
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

袖崎いたる

10
ですます調と「――思います」というあくまでも自分の意見です的な局限化の施された文体は、なんとなく神経質な感じが読めて、これも演出もしくは地の強迫性的の性格ゆえなのかなぁ…とか思いつつ。効果的なレトリック?内容は著者の自伝的なそれ。殆どキャリアに関することばかりで、学生時代やら家族関係のことには全くといっていい程にノンタッチ。気になったのは強迫性障害を病気だと認知していて、それを公表して何かネガティブな経験をしたのではなしに(少なくともその記述はない)著者は疚しさを覚え気味でいて、隠す方がいいとしてる点。2017/03/16

カッパ

7
強迫性障害の著者が自分の症状やその乗り越え方を教えてくれている。重度ではなく仕事を軽くして本で勉強して実践したとのことなのでなかなかできることではないと思います。強迫性障害はうまく生活の中に溶け込み病気だと思いにくい気がします。2021/09/24

研二

5
 リアルな雰囲気があってよかった。  あまりドラマチックに盛り上げようとせずソフトな感じだが、率直に感じたことを書いている印象。ですます調の一人称で、太宰治『人間失格』や桐野夏生『グロテスク』のような雰囲気があり、いくつか笑い話のようなことも出ていて面白かった。 6章の治療方法も、いろいろな視点から書いてあり、参考になった。  2016/11/12

帆月

4
私も強迫性障害なので、とても共感できました。わかるわかる、と思いながら読んで、他にも強迫性障害の方がいて克服できるという事に安心したり、慌てなくてもいいよねと思えたりできました。2016/12/28

くろまによん

3
良書。専門家ではなく、一体験者、一克服者としての視点から外れず、強迫性障害というものがどういうものなのか、自分がどう改善していったのかをしっかりと記述している。何が効いたのかわからない部分もある、と素直に書いているのに好感。結構参考になった。2019/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11220557
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。