今日、会社が倒産した―16人の企業倒産ドキュメンタリー

個数:

今日、会社が倒産した―16人の企業倒産ドキュメンタリー

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 21時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801301573
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ステビア

13
こうなることも想定に入れとかなあかんなーと2020/05/21

たか

13
 アベノミクスの経済効果で高景気が続いているそうだが、全く実感はなし。  今は会社の業績がよくても一寸先は闇。会社を辞めてもいいように自分自身のスキルを高め、人脈を構築することが大切だと実感。2017/10/19

たか

10
 再読。サラリーマンであっても勤めている会社が倒産する可能性はある。一寸先は闇だな…。どこに行っても通用する汎用性のあるポータブルスキルを身につけておく必要性がある。2018/10/22

まーち

3
いやー、読むタイミングを間違えました。状況的に瞬時には訪れませんが、近未来的に・・・特に、会社分割に伴う、リストラの話については、ドキドキでした。2016/12/24

siru

2
社員だけでなく、経する会社を倒産させた人の話も入っているので、労働者・経営者双方の見方を知ることができる。リーマン・震災がきっかけとなっての倒産が主で、放漫経営による倒産ではないのが、まじめに働いていても報われないと感じるところ。2012年前後のインタビュー集。2016/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11070436

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。