図解 いちばんやさしい古事記の本

個数:

図解 いちばんやさしい古事記の本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月19日 11時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801301207
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0095

内容説明

日本の誕生、神話の世界、古代政権の謎…『古事記』がわかれば日本の姿が見えてくる。日本人のルーツを記した最古の物語が1冊でよくわかる。

目次

第1章 古事記とは何か?(天武天皇の発案で作られていた―『古事記』の成立;『日本書紀』が最初の正史だった―『日本書紀』との違い ほか)
第2章 古事記の名場面を読み解く(生命とともにこの世は誕生した―天地創成;人類最初の夫婦の契りは失敗していた―国生みと神生み ほか)
第3章 古事記の神々を読み解く(高天原の最初の神でありながら、存在感は薄い!?―天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
天つ神の司令塔として存在感を発揮―高御産巣日神(たかみむすひのかみ) ほか)
第4章 古事記ゆかりの地をめぐる(オオクニヌシの神殿、96メートルの巨大建築だった!?―出雲大社;高天原の神々が議論した天安河原が出現―高千穂 ほか)

著者等紹介

沢辺有司[サワベユウジ]
フリーライター。横浜国立大学教育学部総合芸術学科卒業。在学中、アート・映画への哲学・思想的なアプローチを学ぶ。編集プロダクション勤務を経て渡仏。パリで思索に耽る一方、アート、旅、歴史、語学を中心に書籍、雑誌の執筆・編集に携わる。パリのカルチエ散歩マガジン『pi´eton(ぴえとん)』主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。