日本で本当に行われていた恐るべき拷問と処刑の歴史

個数:
電子版価格 ¥521
  • 電書あり

日本で本当に行われていた恐るべき拷問と処刑の歴史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年06月24日 19時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801300835
  • NDC分類 322.1
  • Cコード C0095

内容説明

古代から現代に至るまで、様々な形で行われてきた日本の拷問・処刑の実態と謎を紐解く―

目次

第1章 恐るべき拷問と処刑の数々(火炙り;牛裂き;斬首刑;水責め;石抱き ほか)
第2章 拷問と処刑にまつわる謎(日本ではいつ頃から拷問や処刑が存在した?;古代の拷問は優しかった?;どうして死刑や拷問は復活したのか?;拷問は江戸時代までどんどん進化していった?;拷問に深く関わった権力者たちとは? ほか)