実在への殺到

個数:

実在への殺到

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月25日 23時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784801002784
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

出版社内容情報

20世紀の思想や文化、また西洋近代の世界観を乗り越えようとする、カンタン・メイヤスーやグレアム・ハーマン、そしてヴィヴェイロス・デ・カストロやフィリップ・デスコラやマリリン・ストラザーン……。彼ら彼女らの思想・哲学と強く共振し、深く共鳴しあいながら、世界に先駆け前世紀的哲学を突破した、著者渾身の評論!

清水高志[シミズタカシ]
著・文・その他

目次

1(ヴィヴェイロス論;交差交換と人間;鍵束と宇宙―ウィリアム・ジェイムズをめぐって)
2(メイヤスーと思弁的実在論;幹‐形而上学について;非・ホーリズム的転回―人類学から現代哲学へ)
3(グレアム・ハーマンについて;機会原因論的アニミズム;モノの人格化―オブジェクト指向哲学と西田)

著者等紹介

清水高志[シミズタカシ]
東洋大学総合情報学部総合情報学科准教授(専攻、哲学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

内島菫

39
本を読み終わっても閉じても、閉じた感じがしない本。本書の至るところで私はわくわくしてしまうのだが、それは、本書自体が幹-形而上学であるような一種のカオス的な始まり(プロトタイプ)を見せてくれるからだろう。私がどこまでその予感以上のものに触れているのかは分からないが、特にW.ジェイムズの純粋経験論、西田幾多郎的相互包摂や否定の動的形態である反転的思考(そこには限定と持続が含まれる)が印象に残った。2017/09/01

mm

19
真面目に読んでも5パーセントで、斜め読みだと0.5パーセントくらいの理解だろう。どちらにしても誤差のうちさ!という事で斜め読み。人から見て恒常的な自然が外部にあるという認識パターンはもう古いぜ!不安定な諸アクタントの関係の布置を解釈しなくちゃな!といってるみたい。。中心と周辺は常に入れ替わることが可能。中心は結節点としてあり、常に移動可能で、関係の交差点としてある。ライプニッツのモナドってのもこんな感じの世界観らしい。西田幾多郎には先取り的ところがあった。後、カント以前とか経験論とか道具とかが続々と。2018/03/05

msykst

12
物凄く大雑把に言って、思弁的実在論、オブジェクト指向存在論、人類学の存在論的転回等々、ここ数年の人文学の潮流は、カント的な主客図式を乗り越えるためにモノと人間の様相(フラットネス)を再考しつつ、主体客体の概念を練り直しているのかと。本書はこの手の話のガイドにもなるのだが、そこに(ラトゥールのANT及び)セールの準-客体論、W.ジェイムズと西田幾多郎の純粋経験論等を接続し、よりラディカルな議論が展開する所が肝かと。これによって多分、主体と客体のそれぞれの流動的な側面が強調されるのかな、とぼんやり理解した。2018/08/30

またの名

8
OOOと言っても仮面ヒーローではなく新しい哲学潮流の略語(翻訳努力放棄)。人ではなくモノ達を主軸にしたメイヤスーやハーマンらの思想を取り上げつつ、古い思想家による補助線が書き込まれる。昔なら主客図式で語られた場面をモノとモノの関係として捉え直す哲学にジェイムズや西田を接合。人間の優越性が消えれば先行のモノまたは経験に後続するモノまたは経験が連鎖していき、ただ事後的に後者が総合や主体と見なされる。一つのモノは多数のモノの結節点に位置し、後者のモノそれぞれもまた多数のモノの結節点で…と二項は交差しつつ複数化。2018/05/22

渡邊利道

3
思弁的実在論、対象指向存在論、存在論的転回以後の人類学など、21世紀に入って本格化した哲学周辺の動向を紹介し、セール、ラトゥール、ウィリアム・ジェイムズ、西田幾多郎と遡って考察する。ポストモダン哲学(ポスト構造主義)にあるホーリズム批判という観点はとても面白かった。ポストモダンはそれ自体創作的だったが、これは凄く「創作の哲学」的。指向としてはけっこう分析哲学的形而上学と似通った部分もあり、自然主義の心理学や経済学などのデータ主義的な思考もおそらくは批判の射程に入るわけだろう。ちょっと構造と力を思い出す。2018/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12236670
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。