垂直の声―プロソポペイア試論

個数:
  • ポイントキャンペーン

垂直の声―プロソポペイア試論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 15時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 372p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784801001633
  • NDC分類 801.6
  • Cコード C0098

内容説明

アウグスティヌス、プラトンから、サロート、ベケット、ブランショ、デリダまで。レトリックの一つ、プロソポペイアに光を当てた、詩学も軸にすえた独自の方法論による、修辞学の脱構築!国際哲学コレージュで院長をつとめた著者が、不在のものの「声」という、“思考のフィギュール”に迫る!

目次

第1章 声のための比喩形象
第2章 他なる声
第3章 見せかけの声、本気の声
第4章 近い声、遠い声
第5章 垂直の声

著者紹介

クレマン,ブリュノ[クレマン,ブリュノ] [Cl´ement,Bruno]
1952年に生まれる。国際哲学コレージュの院長を務めたのち、現在、パリ第八大学教授、パリ‐リュミエール大学教授。専攻、文学および哲学

郷原佳以[ゴウハラカイ]
1975年に生まれる。パリ第七大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科准教授。専攻、フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件