哲学とナショナリズム―ハイデガー結審

個数:

哲学とナショナリズム―ハイデガー結審

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 290p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784801000117
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0010

内容説明

ハイデガー哲学は“現実”といかに切り結んだのか?ナショナリズムの理念と存在概念の再検討を通して、いまなお議論を誘発しつづけるハイデガー/ナチズム問題を刷新する。

目次

未公刊講義ゼミの新公刊―E.ファユによる告発とS.ジジェクの再審
1 「存在」…とは?端的に言って…(“~である”(Was‐sein)と“~がある”(Daβ‐sein)―極限概念としての「存在」
脱‐形而上学的な、動き(Bewegung)、運動(Bewegung)、道の生起(Be‐weg‐ung)としての「存在」)
2 「われわれ」の時間性と動態性(Bewegtheit)(我、実存・現存在、現‐存在、世‐内‐存在;民族、国家、国民;歴史)
3 ハイデガー、ドイツ・ナショナリズム、ドイツ哲学(ナショナリズムとドイツ・ナショナリズム;ドイツ哲学と政治―西欧・英米の観点から)
4 ハイデガーとナチズム(ハイデガーにとってナチズムは「運動」(Bewegung)である
ハイデガーにとっての「ナチズム運動」(Be‐Weg‐ung))
ナチズム運動からヨーロッパ運動へ

著者等紹介

中田光雄[ナカタミツオ]
1939年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。同大学院人文科学研究科博士課程中退。パリ大学大学院哲学科博士課程修了。仏国文学博士(Doc. es Lettres)。筑波大学名誉教授。仏国学術勲章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。