凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩 広域編

個数:

凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩 広域編

  • ウェブストアに47冊在庫がございます。(2017年09月21日 05時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784800312891
  • NDC分類 454.916
  • Cコード C0025

内容説明

タモリさんを案内した地形歩きの達人の第2弾!さらなる凹凸を求めて小探検へ!豊中、茨木、守口、枚方、高槻、岸和田、富田林、交野、尼崎…見て楽しい、歩いて楽しい、14エリアの3Dマップ付。

目次

1 大阪の広域地形の魅力 高低差概論(大阪の古層を辿る;中世から近代の高低差;地形散歩という名の小探検)
2 大阪の高低差を歩く 広域編(北摂の高低差;古代との対話;微高地を辿る;城と寺内町の高低差)

著者紹介

新之介[シンノスケ]
1965年大阪市淀川区生まれ。本業は広告会社のクリエイティブ部門に所属。2007年よりブログ「十三のいま昔を歩こう」を運営。十三にとどまらず、大阪全域の歴史や町歩きレポートを執筆。2013年、大阪高低差学会を設立。大阪の歴史と地形に着目したフィールドワークを続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大阪「高低差」第二弾。前作は上町台地と大阪都心部を中心だったが、続編は都心近郊エリアを中心に構成。住宅地として人気がある北摂エリアを中心に、京都、奈良、兵庫との境界線付近も視野に入れ、より広域に大阪の地形の魅力を掘り起こしていく。京都や奈良がゆるやかな盆地になっている理由や、大阪の地層の話、畿内に点在する寺内町や城跡について解説。都心エリアで地形的に面白いスポットも紹介。