歴史新書y
前田慶次と歩く戦国の旅―『前田慶次道中日記』を辿る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784800305640
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0221

内容説明

前田慶次は、隆慶一郎の小説『一夢庵風流記』や原哲夫の漫画『花の慶次』で知る読者も多い。ゲームやパチンコ、スロットマシーンのキャラでも知られ、大男で秀吉公認の「天下御免の傾奇者(かぶきもの)」であったという。戦国期の旅の記録は貴重である。晩年の慶次本人が記したとされる二六日間の『道中日記』の内容は、「傾奇者」と称される彼のイメージとは程遠い。古書典籍の知識を備え、道すがら陰陽道の呪術的世界にはまる姿は、戦国武将の実像に近いはずだ。

目次

序章 『前田慶次道中日記』と中世東山道
第1章 伏見から近江路へ―自らを、東下りの貴族になぞらえ
第2章 美濃から木曽路へ―同行する朝鮮人父子の別れ
第3章 和田・碓氷の峠越え―慶次の前を行く徳川家康の一行
第4章 坂東の地へ―宇都宮で旅一番の歓待を受ける
第5章 白河の関を越えて―現世への未練と無常観を感じつつ
第6章 奥州街道から米沢へ―日記の謎めいた記述と陰陽道
終章 中世東山道の終焉と、その後の慶次

著者等紹介

今福匡[イマフクタダシ]
1964年、神奈川県生まれ。歴史ライター。米澤直江会会員、戦国史研究会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。