血流は“静電気デトックス”でよみがえる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784800259301
  • NDC分類 498.4
  • Cコード C0077

出版社内容情報

なかなかとれない疲れ、原因不明のだるさ・体の不調、そして酷い冷え性などなど、もしかすると、その原因は、あなたの体にたまった電気のせいかもしれません。あなたは静電気がびりびりくるほうではないですか。自然の中にいると体が休まりませんか。そんなひとは、その可能性が高いです。いますぐ、この本を読んで、静電気デトックスで体の電気を放出しましょう。あっというまに、あなたの体の血流はうそのようによみがえります。

内容説明

静電気でビリッとくる人、電気に囲まれて生活している人。肩こり、異常に疲れる、目の乾燥etc.不調の原因は「帯電障害」です!自分でできる体から電気を抜いて血流アップ!

目次

1 ひどい疲れと頑固な冷えは「帯電障害」が原因
2 うつ病と間違われやすい帯電障害
3 放射能だけではない“危ない電磁波”
4 帯電障害の苦しみから解放された人たち
5 アーシングによる静電気デトックス
6 自然治癒力の発揮をサポートする医療

著者等紹介

西谷雅史[ニシヤマサシ]
響きの杜クリニック院長。1956年、東京都生まれ。北海道大学医学部卒業。医学博士。日本産科婦人科学会専門医、日本東洋医学会専門医、日本ホリスティック医学協会理事。意識の成長と進化をめざす、響きの杜ネットワーク主宰。響きの杜クリニックを2006年に開院(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

超新星

0
スウェーデンでは全てのコンピュータにアースを取り付けている事が義務づけられている。日本では意識されないが、電磁波による影響はあると思われる。日本でも対策が進んで欲しい。2020/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11192107

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。