ブレイドコミックス<br> ネオ・エヌマ・エリシュ 〈1〉

個数:
電子版価格
¥671
  • 電書あり

ブレイドコミックス
ネオ・エヌマ・エリシュ 〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月21日 21時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784800009111
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

13
ヒッタイトについては「天は赤い河のほとり」、シュメールについては石ノ森先生の「ギルガメッシュ」という名作があるわけだが、21世紀になってまさかのアッシリアが舞台の作品が登場!! 続きが楽しみ。。2019/11/25

のれん

10
アッシリア帝国というと紀元前4世紀のアレクサンドロス大王の敵役が倒した帝国ぐらいの印象しかないが、倒される強敵というのも時代を遡れば英雄譚になる。紀元前7世紀のエジプト侵略のアッシリア。そこは現代とは違う民俗と価値観がある。  主人公周りはタイムスリップで生きていける設定を作りつつも、現地の人間たちは当時の情勢や立場を再現し緊迫感を保っている。  表紙の通り歴史物にしてはデフォルメが特徴的で、エリちゃん肝すわりすぎな面があるが、それさえ受け入れれば中々細かい点にも注意して描いている作品。2019/11/19

電羊齋

4
タイムスリップした今時のギャルから見た古代オリエントと若き日のアッシュールバニパルたちが面白い。アッシリアの価値観に戸惑いつつも対峙する主人公が良い。参考文献リストも充実。2019/11/12

renren

2
電書の2巻で第一部完、読了。巻末の資料の量を見ても相当に史実に沿っての構想だったはず。紀元前アッシリア、アッシュールバニパル王とオリエントの国々との抗争記。キャラも立ってるし古代らしい残酷さや戦国の狡猾さも興味深かっただけに、打ち切りが実に惜しい。画力の問題もあったと思う。この方原作で次作歴史物読みたいなあ。2024/04/21

himemiya

0
★★★2020/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14655034
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。