すべての働く人のための新しい経営学

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

すべての働く人のための新しい経営学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 04時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799325551
  • NDC分類 335.1
  • Cコード C0034

内容説明

この本は、これまでの経営学基礎本の常識を破る「ビジネスの教科書」です。私がこれまでボストンコンサルティンググループ(BCG)、アクセンチュア、グロービス、早稲田大学ビジネススクール、KIT虎ノ門大学院、そして女子栄養大学と、さまざまな教育の場で伝えてきた内容と、その方法論が詰まっています。

目次

序章 経営学の全体像とこの本での学び方
1章 ターゲット:誰を狙う?
2章 バリュー:提供価値は何?
3章 ケイパビリティ:どうやって価値を提供する?
4章 収益モデル:どうお金を回す?
5章 あと3つ:事業目標、共通言語、IT・AI
補章 ミクロ経済学 基礎と経営戦略史

著者等紹介

三谷宏治[ミタニコウジ]
東京大学理学部物理学科卒業後、BCG、アクセンチュアで経営戦略コンサルタントとして活躍。INSEADでMBA修了。2003年から06年までアクセンチュア戦略グループ統括。06年から教育の世界に転じ、子ども・保護者・教員向けの授業・講演に注力。年間1万人以上と接している。現在、KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院教授の他、早稲田大学ビジネススクール/女子栄養大学客員教授、放課後NPOアフタースクール/NPO法人3keys理事、永平寺ふるさと大使を務める。著書多数。2013年に出版された『経営戦略全史』はビジネス書アワード2冠を獲得した。3人娘の父で、小学校PTA会長も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タナカ電子出版

39
確かに新しい✨そして経営学の素人にはかなり敷居の高い本に仕上がっていますが😱かなり読み込めば賢くなる📖☺️です。まず、なぜこの本が新しいのか?今までの経営学は経営戦略、マーケティング、ファイナンス、アカウンティング、組織論、オペレーションの6分野をそれぞれの経営学の専門家が教えていました。この本はビジネスモデル4要素①ターゲット②バリュー③ケイパビリティ④収益モデルと要素的思考で今までのビジネスモデルを改革していくことを提案、紹介してくれる📖なんです👀‼️2020/01/07

アベシ

32
出張の時とか、空き時間で読んでましたが、この本はこういう読み方では大して意味はありません。鉛筆片手に考えながら読むべき本です。三谷氏の本は積ん読本に結構あるので、並行して読みながら、この本を鉛筆片手に再読したいと思います。2020/02/11

いわにほ

32
良書✦MBAというと扱う専門の幅も広く、ましてや一介の平サラリーマンに「経営学」が理解できるのか?と思いつつも、新規事業とか妄想するには必要な知識だと思ったので買ってみた。✦まず良かったのは、経営学6分野とビジネスモデル4要素のマトリクスで全体を俯瞰できたこと。最近読んだ様々なビジネス書で得た用語や知識の繋がりが見えた気がする。✦全編にわたってちょうどよい頻度で演習もあるので、使用されるフレームワークを自分の事業案に応用させやすい。✦ぜひチーム内の共通言語として利用したい一冊。2020/01/20

ちびbookworm

27
★4。良書。「経営(経営者視点)」を学びたいと思っている社会人におすすめ。初学者向けに、浅く、広く、図や資料や身近な企業例(アップル、Amazonや喫茶店の変遷)を交え、明快に教えてくれます。毎回、章末にある参考書籍が非常にありがたい。◆マーケティングまとめやケイパビリティの基本戦略(垂直・水平)が収穫だった。◆本書の良いところは、「経営で必要な要素」を企業の攻防の歴史からわかりやすく学べるところ。◆経営学理論をしっかり学びたい人は、入江章栄「世界基準の経営理論」が◎2021/02/16

makio37

14
本書ではビジネスモデルをターゲット(誰に対して)、バリュー(どんな価値を)、ケイパビリティ(どうやって提供するか)、収益モデル(採算はどうとるのか)の4要素からなるものとし、それらの要素別に学ぶ形を採っている。内容は経営戦略からオペレーションまで経営学の6分野を再構成しているものなので、非常に濃い。様々な実例についてビジネスモデル図を作成する演習を繰り返すことで、身の回りの製品やサービスがどういう仕組みで儲けているのか、を考える基礎は身についたように思う。この視点を持ち続けたい。2020/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14434727

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。