トヨタの会議は30分―GAFAMやBATHにも負けない最速・骨太のビジネスコミュニケーション術

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

トヨタの会議は30分―GAFAMやBATHにも負けない最速・骨太のビジネスコミュニケーション術

  • ウェブストアに281冊在庫がございます。(2021年10月17日 08時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799109496
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0030

内容説明

嫌われることを恐れない、無駄な議事録はつくらない、打ち合わせ中に「カタカタ」しない、口2耳8で喋りすぎない、読めるけれども空気を読まない、etc.その仕事や忖度、本当に必要ですか?これで日本最強企業の“暗黙知”

目次

第1章 極限まで無駄を減らす「時短会議術」
第2章 確実に相手を仕留める「コミュニケーション術」
第3章 トヨタ魂の根幹「本質思考」
第4章 スピリットをつなぐ「トヨタの教育」
第5章 良好な人間関係を築く方法
第6章 人間力を嵩上げする「配慮」のつくり方

著者等紹介

山本大平[ヤマモトダイヘイ]
戦略コンサルタント/事業プロデューサー。2004年に京都大学大学院エネルギー科学研究科を修了後、新卒でトヨタ自動車に入社し、長らく新型車の開発業務に携わる。トヨタ全グループで開催される多変量解析の大会での優勝経験を持つほか、常務役員表彰・副社長表彰を受賞する。その後、TBSテレビへ転職。「日曜劇場」「レコード大賞」「SASUKE」など、主にTBSの看板番組にてプロモーション及びマーケティング戦略を数多く手掛ける。また、TBS在籍時には古巣であるトヨタの創業期を描いたスペシャルドラマ「LEADERSリーダーズ」のアシスタントプロデューサーとしてドラマ制作にも携わる。さらにアクセンチュアでのマネージャー経験などを経て、2018年にマーケティング総合支援会社F6 Design株式会社を設立し代表取締役に就任。トヨタ式問題解決手法をさらにカイゼンし、統計学うぃ駆使した独自のマーケティングメソッドを開発。企業/事業の新規プロデュース、ブランディング、AI活用といった領域でのコンサルティングを得意としている。これまでにアコーディア・ゴルフ執行役員CMO、DMM.make AKIBA戦略顧問、BNGパートナーズ社外CMOなど、大手からベンチャーまで数多くの企業の要職を歴任/兼任中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nobuko

65
必要な議題を押さえつつ議論をコントロールする力や、リアルタイムでその内容を限られたスペースにまとめて記述する力「リアルタイム要約力」脳みそフル回転で上司が見事にこなす姿を見たらイケメンじゃなくても素敵に見えるかもしれないというのは大きく頷く(笑)。会議や打ち合わせの議事録は高機能ホワイトボードでのプリントアウトやスマホの写真だけで十分。特に真新しさを感じ無かったのですが、白熱した議論を見ているのは楽しいよなぁ…トヨタ凄そうなんて。世界のトヨタの企業文化に触れながら、サクッと楽しく読むことができました。2021/07/28

チャー

12
トヨタでの勤務時に著者が体験した仕事の進め方を綴った本。タイトルにあるように時間を大切にし常に全力で物事にぶつかり確実に進めていく姿勢が具体的事例を紹介し紹介されている。入社後の若い世代に向けて社会で学ぶ基本的なことも少なからず書かれているが、中堅やベテランになっても大切にしたいことが多い。世の中の不合理は予定通りという点は確かにと納得。若いころからコミュニケーションの基礎と常に自分の頭で考えることを身に着けるということは重要(特に言葉の定義)。最近のぶつかりを避けて空気を読む風潮には警鐘を鳴らしている。2021/08/22

Atsumi

10
なるほど…と思う事がいろいろあり面白かった。実際に実践、意識できる部分は参考になった。 まずは自分の意識改革からか。2021/05/20

T66

7
後半は「心構え」的な物が多く、物足りなかった。あとから思えば確かに「はじめに」に「社会人5年以内の方々に読んでほしい」とあった。。ただ前半の、会議の話は具体的でよかった。会議は30分。事前にアジェンダ配信、会議のあとに30分TODOの時間を設定。それにより打ち手が早くなる。いるんだよね、、会議の連続で、次の会議に遅れるレベルの人。そういうのって、その会議で決まったことの打ち手をいつ打つんだろう、と思う。あとは、スマホやパソコンのオフィス持ち込みが厳しいというのは驚いた。それも会議に集中できる一因なのでは。2021/08/07

AKI

5
最寄りの書店でフォーカスされていたので気になっていた本。図書館で貸し出しされていたので、読んでみました。オンラインでの会議が主流になってしまったので、応用しにくいテクニックも多い。もっと「会議を円滑にすすめる方法はこうだ!」みたいな内容だと思っていたんですが、社内コミュニケーション全般を解説。結局大切なことは、「社内でルールが統一されていること」と「みんな同じ方向を向いてること」だと感じました。2021/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17326404

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。