モンテッソーリ教育が教えてくれた「信じる」子育て

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

モンテッソーリ教育が教えてくれた「信じる」子育て

  • ウェブストアに53冊在庫がございます。(2021年09月25日 08時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784799109472
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0037

出版社内容情報

子どもは大人が“育てるもの”と捉えられがちですが、子どもには「自ら育つ力」があります。
大人はその「自ら育つ力」を環境を通してサポートしてあげることが必要。そのヒントがモンテッソーリ教育にある──。
本書では、0~6歳までの子育てをする中で親が抱きがちな悩みや疑問の事例を挙げ、事例ごとにモンテッソーリ教育の理念に基づいた適切な対応法を紹介します。
「モンテッソーリ教育」という言葉は聞いたことがあるけれど深くは知らないという人にも、モンテッソーリ教育の特徴や目的、実践方法がよくわかります!類書との違いは、モンテッソーリ教育の具体的な家庭での実践方法がよくわかる点。

内容説明

いやなことがあると癇癪を起こす、進んで行動しない、片付けられない、素直に謝れない…大丈夫です。子どもはみんな「自ら育つ力」を持っています。大人のかかわり方で子どもは変わる。子育てで本当に大切にしたいこと。「こんなとき、どうすればいいの?」に答えます!

目次

第1章 0‐6歳の子育てに「信じる」ことが大切な理由(大人から信じてもらえることで子どもは大きく成長できる;子育てにモンテッソーリ教育をおすすめするわけ ほか)
第2章 イライラ&焦る!育児でよくある悩みとその対応(ダメな親はいません―イライラ&焦っても大丈夫!;自ら行動しない・声をかけても動かない―子どもに伝わる声のかけ方と環境の工夫 ほか)
第3章 日常生活の「できる」が増える親のかかわり方(食事中に席を立つ・ものを落とす―食事のマナーを楽しく教えるには?;歯磨きを嫌がってやろうとしない―歯磨き嫌いをなくして習慣にする工夫 ほか)
第4章 人との関係や言葉遣いで気になること(嫌なことがあると叩いたり噛んだりする―自分の気持ちを「言葉」で伝えられるように;友だちにものを貸してあげられない―貸し借りできない子はダメな子? ほか)
第5章 その子の「育ちを助ける」子育てを(「個」育ちに必要な三つの「間」と「余白」;子どもも大人もみんな同じじゃなくていい ほか)

著者等紹介

モンテッソーリ教師あきえ[モンテッソーリキョウシアキエ]
幼稚園教諭、保育士、小学校教諭。モンテッソーリ教師(国際モンテッソーリ協会ディプロマ)。一児の母。Instagram、Voicy、Twitter、YouTubeなどでモンテッソーリ教育を子育てに落とし込んだ情報を配信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おつまみ

39
子供は自分の力で育っていく。子育てにおいて大切なことは「子どもを尊重して信じる」とのことだけど、それが難しい。どうしても、親は自分の人生経験から育てるのだけど、それが妥当かどうかは分からない。信じることが大切になる。

さめ

6
モンテッソーリ教育について知りたくて購入したのですが、とてもわかりやすく、納得できる説明で安心して読むことができました。子供を尊重して信じることがベース。言い方ひとつでこうも変わるものか、と驚きます。また、わたしはまだ先のイヤイヤ期に不安ばかり感じていたのですが、本書を読んでだいぶその恐怖が和らぎました。心構えがわかったというか。とてもありがたい。読めてよかったです。2021/05/30

madoriel

4
子どもはみんな自ら育つ力を持っている。それをサポートするのが保育者の役目。モンテッソーリ教育とは何か、巷ではよく聞くものの、内容をよく分かっていなかったが、この本は育児の様々な悩みに対して一貫したアドバイス、解決法が書かれており、モンテッソーリ教育についてどの本よりも1番わかりやすく理解できた。そして少しずつ育児に取り入れてみると、これもまた、育児に一貫性ができて楽になった。子どもを信じることは一生続けていきたいので、今後とも忘れずにいようと思う。2021/05/26

Bear

4
乳幼児期に出くわすであろう問題と対応についてわかりやすく書かれています。3歳になったばかりの娘で参考になったメモ・1人でできるのにやってと甘える→甘えたら受け入れてもらえた、と言う経験が十分にできるとその経験が人に頼ってもいいんだと言う安心感につながる。いずれ逆の立場になり誰かが困っているときに助けてあげる行動へ変わる。・約束を守れない→ 0から3歳の子供は今を生きている。下記ポイントを意識して関わる。行動する前に伝える。直前で再確認。ぐずっても約束を一貫。守れたら行動を認める。親も約束を守る。2021/05/13

ireadertj

4
子育て中の身として読んだのだけど、なんだか組織マネジメントにも通じるところをものすごく感じたw メンバーの各成長度合いに応じた対応なんてまさにそれw2021/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17125005

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。