若者言葉の研究―SNS時代の言語変化

個数:

若者言葉の研究―SNS時代の言語変化

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年08月20日 05時54分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 228p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784798503240
  • NDC分類 814.9
  • Cコード C0081

出版社内容情報

生きている言語は常に変化し続けています。現代日本語も「生きている言語」であり、「変化」を続けていると考えられます。では、この「変化」とは何でしょうか。これまで現代日本語の若者言葉に見られる現象は「乱れている」と言われてきました。文化庁の「国語に関する世論調査(平成19年)」でも、「今の国語は乱れていると思うか」という問いに対し、「乱れていると思う」という回答は79.5%に上りました。

しかし、本当に若者言葉は「乱れ」ているのでしょうか。もしそうだとしたら、どのように「乱れ」ているのでしょうか。言葉を扱う学問である言語学の先行研究を見ると、現代日本語の若者言葉は語彙など部分的な研究はあっても、流行語や俗語として考察されたものが多く、「言語変化」という枠組みでは研究されていませんでした。

そこで、1990年代後半から2000年代の若者言葉について、従来のルールでは説明がつかない斬新な用例を取り上げ、言語学的な分析を行いました。また、2010年代の若者言葉も収集・分析することで、どのように変化が進んでいったのか、その変遷についても社会言語学的視点を中心に、現代日本語における語彙・意味・文法・用法の「変化」について考察しました。様々な新しい用法や語彙を収集し、分析を進めていくうちに、若者言葉には言葉遊び・隠語としての機能のほかに、ある一定のルールが存在することが分かってきました。

日本語は変化し続けており、今後も変わり続けるでしょう。その中でも、若者言葉がどのような要因によって、どのように作られ、どの程度残るのかは分かりません。しかし、新造語はランダムに作られているようでいて、その実、ある法則に則っています。今後の若者言葉も、これまでと同様に新しい語彙が生まれ、その新しい語彙や用法は一定のルールに沿ったものとなるでしょう。

エネルギー溢れる若者たちが、言語変化の最先端で生み出し続ける「若者言葉」の世界を、言語学の窓から覗いてみませんか。

内容説明

「激おこぷんぷん丸」の言語学。常に生まれ、変化し、そして消えていく若者言葉。社会言語学の知見と豊富な実例から、そのルールと体系を分析する。

目次

第1章 なぜ若者言葉の研究が必要か
第2章 若者言葉の動詞化「―る」―告る・パニクる・きょどってる
第3章 若者言葉の新しい形容詞―普通に・微妙・すごい
第4章 若者言葉に見られる程度の副詞―激ウマ・ややウケ・サクッと
第5章 若者言葉の名詞化「―さ」―大事さ・そっくりさ・元気さ
第6章 ぼかし言葉は責任回避?―とか・っていうか・みたいな
第7章 進化し続ける若者言葉
補遺 若者言葉の文法化

著者等紹介

堀尾佳以[ホリオケイ]
九州大学大学院芸術工学府にて博士号取得(芸術工学博士)。北見工業大学国際交流センターを経て、宇都宮大学工学部留学生担当専任講師。専門、日本語学・異文化コミュニケーション(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
若者言葉研究の学問的域とその方法 なぜ若者言葉の研究が必要か: 変化を捉える 自然談話の文字化 若者言葉と言語変化の定義 若者言葉の動詞化「―る」―告る・パニクる・きょどってる: 若者言葉の新しい形容詞―普通に・微妙・すごい 若者言葉に見られる程度の副詞―激ウマ・ややウケ・サクッと 若者言葉の名詞化「―さ」―大事さ・そっくりさ・元気さ ぼかし言葉は責任回避?―とか・っていうか・みたいな アクセント・イントネーション 形態的レベル 進化し続ける若者言葉 若者言葉の普遍性 補遺 若者言葉の文法化2022/05/25

(*'ワ'*)/ζ

0
意外と読みやすい(理解できたとは言ってない)2022/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19548487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。